logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

【あんスタ】仕様変更を解説! 最速でイベントを走るための使いこなし方

【あんスタ】仕様変更を解説! 最速でイベントを走るための使いこなし方

2017年8月25日のアップデートと、8月31日のイベント開始時にお知らせされたプロデュース周りの仕様変更。あなたは使いこなせていますか? 実はあんスタのイベントを走る上でとっても重要なんです。これらの機能を使いこなせたら、通常のLP消化にかかる時間を少なくして、なおかつラストスパートも今までよりずっと早く走れますよ! イベントを攻略するうえで、ゆったり歩くときも全力で走るときも活用できる仕様変更を解説します!

関連:あんさんぶるスターズ!記事一覧

まず、何が変わったかと変更したことによるメリット

最初に、どのような仕様変更があったかをご説明しますね。

変更点①:LP回復画面が自動で必要LPの個数設定がされるように

ライブでLPが足りない時に出てくるこの画面、見た目が結構変わりましたよね? この画面、前のライブ画面で開催したいLPのライブを押していると、その必要分のダイヤやこんぺいとう、あめちゃんが自動で設定されるようになりました。

例えばこういう場合、私の戦力ならメイン+サブ1を打ちたいですが、LPが2足りません。

ト

その場合メイン+サブ1のボタンを押すと、ほら!

ト

自動ですでにダイヤの個数設定を2にしてくれています!!

プルダウンで個数をいちいち選択するの、地味に面倒だったので助かりますね。

変更②:LP回復画面で確認してライブに出演/スキップしてライブに出演できるように

先ほどと同じLP回復画面のお話です。右の青いところ、「確認して出演する」になっていますね。何もせずこのボタンを押すだけで、実はアプデ前より一段階省いてライブに出演できるようになりました。

ト

以前は、回復するのに確認→回復してライブ画面に戻る→ライブ画面でもう一度〇〇ボタンを押す という手順が必要でした。
今は、確認を挟んでも、回復するのに確認→自動的にライブ出演 と手間が省かれています!

確認
この画面でOKを押せばそのままライブが始まります!

そして、さらに回復の確認を省いて手順を少なくすることもできます。
そのために必要なのが、ここにチェックマークを入れること。
そうすると、青いボタンを押した後この画面が表示されることなく、自動的にライブ出演になります。

確認画面

これは大幅な時間短縮になりますね。

変更③:プロデュースコースでコースイベントのオン・オフが可能に

プロデュースに入るとき、ここに歯車マークが追加されたことには気づいてましたか?

歯車

ここでコースイベントのオン・オフができるようになりました。

コースイベント

プロデュースコースには、主役のアイドルがいますね? そのアイドルがいる場所を選択すると、そのコースでしか発生しない特別なイベントが発生することがあります。そのコースのコースイベントを発見率100%にした後は、今回紹介した設定からコースイベントを発生させない設定にすることができます。

スペシャルイベント
コースイベントの例

ここじゃなくても、職員室>アプリ設定変更からでも設定できます。

変更④:イベントプロデュースコースでミニイベントのオン・オフが可能に

③と同じ設定画面で、イベントプロデュースコースでミニイベントを起こすか起こさないかが選べるようになりました。

ミニイベント

イベントプロデュースコースとは、この記事の中では、月に2回開催されている期間限定イベントのプロデュースコースを指します。
今まで、このイベントプロデュースコースでは、ミニイベントが発生しませんでした。

ミニイベントとは、コースに付属しているイベントではなく、選んだアイドルのハートのかけらを集めて親愛度を上げるイベントのことですね。

ミニイベントの例
(薄いけど)奇跡的に親愛ptUPの瞬間をとらえた貴重な1枚

こちら、設定を触らなければ今まで通りミニイベントなしでイベントプロデュースを周回出来ますが、イベントを走りながら親愛度も上げたい場合には活用しましょう。

こちらについても、職員室>アプリ設定変更からでも設定できます。

変更⑤:前回選んだ場所には必ず一人以上のアイドルが出現

椚先生や保健室を敢えて狙っている場合以外には、生徒がいる場所を選んでタップするのがプロデュースコースを走る基本。けれど、今までは4つある練習場のうちどこに何人いるかは予測ができませんでした(※1つの練習場に入る最大人数は4人ということ以外)

練習場

しかし、今回からは、前回に選んだレッスン場には必ず1人以上のアイドルがいることになります。つまり、意図せず連打で椚先生に遭遇してしまうことがなくなったのです。

ミニイベントの例
私はヌギヌギ先生が大好きです。

椚先生はFEVERを大きく上げてくれる頼もしい先生なんですが、叱るのがデフォルトだし会話を読まなきゃならないし選択肢を選ばなきゃならないしで、必要な時以外には会わない方が速く走れます。椚先生には非常に申し訳ないですが、嬉しい仕様変更ですね。

以上が8月末に行われた仕様変更です。では、実際にイベントを走る際のメリットや活用の仕方を見ていきましょう。

イベントを走るときにおすすめの設定

ここでは、走るタイプを3種類に分けて活用の仕方を解説しますね。

目指すは上位入賞! 1分1秒が惜しいタイプ

ト

おススメの設定
変更点②:LP回復画面で「確認せずに出演」にチェックを入れる
変更点③:プロデュースイベントをオフに
変更点④:イベントプロデュースでのミニイベントはオフに
変更点⑤:とにかく連打


ダイヤやアイテムもガンガン消費して順位を上げたい場合には、とにかく1回でも多くライブを発生させなければなりません。よって、邪魔になるミニイベントはオフのまま。プロデュースイベントも回収が終わったら即オフにして、練習場所も選ばず連打連打でライブの発生を狙いましょう。同じところを選び続ければ椚先生に会うこともありません。もちろん、LPを回復する必要がある場合には「確認せずに出演」をチェック。

イベントを満喫しつつ、アイテムも温存しながら頑張るタイプ

ト

おススメの設定
変更点②:LP回復画面で「確認せずに出演」にチェックを入れない
変更点③:プロデュースイベントはオンのまま
変更点④:イベントプロデュースでのミニイベントはオフに
変更点⑤:時間がないときは連打


イベントもほどほどに走りながら、でもダイヤはそんなに砕くつもりはないよ~という人には、上のような設定をおすすめします。走らないのであれば、計算外のアイテム消費は避けたいので「確認して出演」を選びましょう。

またポイントは「プロデュースイベントをオンのままにする」こと。今のところ、イベントプロデュースコースのプロデュースイベントは、そのイベント中にしか行うことができません。その期間中に満喫するのはもちろん、まだ見ていない選択肢を試したり、同じ選択肢の別パターンを探したり、めいっぱい楽しみましょうね♪

イベントポイントも少し稼ぎつつ、親愛度を重視したいタイプ

ト

おススメの設定
変更点②:LP回復画面で「確認せずに出演」にチェックを入れない
変更点③:プロデュースイベントはオンのまま
変更点④:イベントプロデュースでのミニイベントをオンに
変更点⑤:親愛度を上げたいアイドルを探して練習場所を選ぶ(連打はしない)


今回のイベントは走る気がないけれど、LPを消費する程度に参加したい、それよりもアイドルの親愛度を上げたいというあなた。今まで親愛度を上げる場合には、曜日別コースか通常コースを走らなければなかったため、ライブが発生しにくかったですよね。でも、イベントプロデュースでのミニイベントをオンにすることで、今回からライブ発生を狙いながら親愛度を上げることが可能になりました。美味しいところ取りの走り方をぜひお試しください。

さて、今回の仕様変更を最大限に活用してイベントを走る方法をご紹介しました。参考になる部分があれば幸いです。

関連:あんさんぶるスターズ!記事一覧
まさみ

この記事のライター
まさみ
あんスタも着実に使いやすくなってきましたね~! サイリウムの登場といい、走りやすくなりました! ただ、走りやすい=ポイントを稼ぎやすい=ボーダーが………うん、考えるのをやめよう。