『かわいい』が生まれる場所。

昭和レトロ!懐かしのウォーターゲーム機がアプリに【Ring Toss & World Tour】

昭和レトロ!懐かしのウォーターゲーム機がアプリに【Ring Toss & World Tour】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

1970年代~1980年代に育った人なら思わずオオオ!と感涙すること必至!懐かしのレトロ玩具の代名詞のひとつ、あのウォーターゲーム(リングトス)が手軽に遊べるアプリゲーム、Ring Toss & World Tourが登場しました♪

スマホがウォーターゲーム機そのものに!

こんにちは。昭和育ちのアラフォーライター、Tomokoです。時をさかのぼって1970年代。当時人気だったオモチャのひとつに、ウォーターゲームというのがありましてね。ボタンを押して水槽の中のリングを水流で動かし、ゴールに入れて楽しむというシンプルかつ、時にイライラするゲームです(笑)。ドライブインなんかでも売ってたりして、暇つぶしには持ってこいなオモチャでした。

で、この懐かしの水中輪投げが、こんな感じにアプリで完全に再現されたんですよ。カラフル!レトロ!そしてこのチープ感(誉めてます)!!

リングトス
うちにあったタカラトミー製のも、赤でした

さて、本ゲームの主人公・アリスは、ある日届いたこのウォーターゲーム機と「ビッグチャンス」と書かれた1枚のチケットに誘われるように世界に羽ばたくことに。次項では、遊び方をご説明しますね♪

アリス

スマホの傾斜を検知する機能、ジャイロスコープを活かした素朴なゲーム♪

北ヨーロッパから始まる、ウォーターゲームのワールドツアー

ウォーターゲームをクリアしながら世界一周を目指すことになった私とアリス。

ああ、世界一周。

昭和の頃はまだまだ、高嶺の花だったんですよ海外旅行って。テレビで「兼高かおる世界の旅」を家族で観ては、一同ため息をついたりしていましたが、一周ともなると当時ならスーパー豪族レベル!かたや今もウルトラ庶民のTomokoですが、ゲームとは言え、世界のいろんなところに行けるのは嬉しいです。マップがヨーロッパから始まるのも夢があって好きです(笑)

マップ
すごろく要素も楽しい

基本的な遊び方は簡単♪ バランス感覚がモノを言います!

この画像にも「一度に1つずつリングをバーにかけてみてください」とありますが、こんな感じでちょいちょい指示やヒントが出てくるので初めてウォーターゲームに挑む人にもやさしいです。

リングを投げる
まあもともと難易度低めのゲームですけれども。とりあえずヒントはよく読もう

飽きさせない多彩なステージ演出

300以上のステージが収録されているから、やり甲斐もたっぷりです!リングだけではなく、バスケットボールをゴールめがけて誘導するなど他のアイテムが登場するステージも。最後の方はどんだけ難しくなるのだろうか…燃える…!

バスケットボール
ボールが重なって詰まったらタップすると取れますよ~

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。