『かわいい』が生まれる場所。

【iOS11】カスタマイズも可能!新しくなったコントロールセンターで使える24の機能を一挙紹介!

【iOS11】カスタマイズも可能!新しくなったコントロールセンターで使える24の機能を一挙紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。


カメラ

カメラアイコンをタップすると標準の「カメラ」アプリが開くんですが、3D Touchまたは長押しことで各撮影モード「セルフィーを撮る」「ビデオ撮影」「スローモーション撮影」「写真を撮る」へのショートカットが表示されます。最初から「スローモーションで撮る!」と決めている場合などは、このショートカットからカメラを呼び出した方が早いかも?

カメラ

低電力モード

コントロールセンターに一番欲しかったのがこれです!!iOS11からは、コントロールセンターで「低電力モード」のアイコンをタップしてオン/オフを切り替えられるようになりました。バッテリーセーブのため、ほぼ一日中低電力モードにしていたい筆者は簡単にオンにできるようになって心底嬉しいです。

低電力モード

ボイスメモ

コントロールセンターの波長型アイコンをタップするといつもの「ボイスメモ」が起動します。アイコンを3D Touchまたは長押しすると「新規録音を開始する」などのショートカット操作ができます。また、直近に録音した3つまでの履歴を表示してくれるから「この前録ったあの曲をすぐ再生したい」ときなどに重宝しそうです。

ボイスメモ

アラーム

標準アプリ「時計」内の機能「アラーム」です。タップするとこんな風にアラーム設定画面が表示され、オン/オフや時間設定などにスムーズにアクセスできます。

アラーム

ストップウォッチ

こちらも標準アプリ「時計」内の「ストップウォッチ」機能です。筆者は休憩時間の管理などにちょくちょく使っているのでコントロールセンターに置いています。

ストップウォッチ

テキストサイズ(文字の大きさ)

大小2つの「A」のアイコンをタップし、「テキストサイズ」のゲージを上下にタップすると文字の大きさを変更できます。真ん中がデフォルトの大きさです。4インチ画面のiPhone SE使いには非常に嬉しい機能です。

テキストサイズ
iPhone使いのお年寄りにぜひ教えてあげたい

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。