logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

宇宙魚捕獲アクション「ソラとウミのアイダ」ってどんなゲーム?
PR

宇宙魚捕獲アクション「ソラとウミのアイダ」ってどんなゲーム?

アプトピでも事前登録の際にご紹介した、「サクラ大戦」などで有名なマルチクリエイター広井王子が手掛けるゲーム「ソラとウミのアイダ」。ついに漁猟解禁(サービス開始)となりました。事前登録の段階では「宇宙×漁業」と奇想天外な組み合わせで面白さが???だった本作。どんなゲームなのかチェックしてみましょう!

宇宙魚!?を捕獲する少女たちの成長物語

ソラとウミのアイダ」はアクションゲームです。プレイヤーは、宇宙漁師を目指す候補生たちが所属する尾道宇宙漁師育成センター女子部の部長となり、彼女たちの成長をサポートしていきます。

そんな本作、大きくストーリーパートとゲームパートの2つで構成されています。

ストーリーパートでは、宇宙漁師を目指す少女たちの成長物語が展開される「メインストーリー」と、6人の候補生それぞれの個性が垣間見える「候補生ストーリー」の2種類が存在。

ソラとウミのアイダ

候補生や彼女たちを取り巻く街の人々と交流を通じて宇宙漁師への夢をサポートしてあげよう!

ゲームパートでは、宇宙イケスへ場所を移し宇宙魚の捕獲に奮闘します。まずは、実際に捕獲を行う守護神たちと候補生たちをそれぞれ選び編成。これで出漁準備はOKです。

捕獲(宇宙魚とのバトル)では、敵味方が交互に攻撃し合うターン制を採用。ターンになった守護神を、出撃ボタンをタップしながら狙いを定めて敵へ突撃。宇宙魚にぶつけて攻撃を食らわせよう!

ソラとウミのアイダ

他にも味方の守護神にあえてぶつかることで、攻撃支援を受けられたり、画面に指で円を描く「ブン回し」など宇宙魚を捕獲するための方法は、様々に存在。

そして、宇宙魚の体力をゼロに出来れば捕獲は成功!(捕獲した宇宙魚は缶詰に加工されちゃいます)

「ソラとウミのアイダ」ファーストインプレッション

漁師候補生たちと交流して仲良くなろう

候補生との会話では、時折プレイヤー自身が会話の返答を選択することも…。

時間制限があるためグズグズしている余裕はありません、直感で選びましょう!

ソラとウミのアイダ

この時間制限の中で、どの返答を選ぼうかドキドキする感じ、広井王子の代表作の1つ「サクラ大戦」シリーズでのヒロインたちとの会話を彷彿とさせますね!

個性的すぎる!?6人の候補生たち

プレイヤーがサポートする候補生たちは6人!

天真爛漫なタイプから趣味がスパイ(???)といった意味不明なタイプまで、バリエーション豊かな候補生たちがプレイヤーとの交流を心待ちにしています。

ソラとウミのアイダ

ちなみに、画像左下にいる候補生「ルビー・安曇(るびー・あづみ)」の声を担当されている井上ほの花さん。この人、実は声優の井上喜久子さんの娘さんだったりします。

宇宙漁師への道は、一筋縄ではいかないようで…

どうやら候補生に向けられているのは、期待の眼差しだけではないようで…。とあるエピソードでは、候補生「空町春(そらまち・はる)」が、仲良くなっていた農家のお婆ちゃんに、とあるキッカケから彼女が候補生ということがバレてしまい…。

ソラとウミのアイダ

一部の人たちからは、快く思われていないようですね。そんな街の人ともいずれ分かり合える時が来るのでしょうか…。

宇宙と尾道の組み合わせの妙

本作の舞台は、広島県尾道市。ゲーム中では実在するお店や街並みも登場します!

例えば下記は、候補生の1人「薪真紀子(まき・まきこ)」と共に訪れるレモンケーキのお店「島ごころSETODA」。

ソラとウミのアイダ

ストリートビューで訪れてみたら、ゲーム内そのままの外観でした!

ソラとウミのアイダ

宇宙漁業や宇宙イケスなど、SF感の強い要素を、リアルな世界や舞台と組み合わせることで「ひょっとしたらこんな漁業が実在するかも?」といったリアリティを高めているんですね。

本作を一通り楽しんだ後に、聖地巡礼してみるとより本作の世界にドップリ浸かれるかも…??

スポ根ものが好きな人に!

良い意味で個性的すぎるキャラクターたち。そして、そんな彼女たちが巻き起こす笑いあり涙ありな訓練の日々。そういった部分に、広井王子らしさが感じられますね(とりわけサクラ大戦で感じたものに近い気がします)

ソラとウミのアイダ

そんな本作、スポ根ものが好きな人にオススメだと思います。宇宙漁師を目指して、真剣に漁業に打ち込み成長する姿は、まさにスポ根と言っても差し支えないでしょう!

トモトモ

この記事のライター
トモトモ

本作で登場する候補生の1人「美剣真(みつるぎ・まこと)」。これ、意図しているか分かりませんが「サクラ大戦」シリーズのキャラクター「レニ・ミルヒシュトラーセ」を思い出しちゃいます。銀髪や顔の輪郭、そして何よりボーイッシュなその雰囲気。