logo_hatebu logo_line
検索

スマートフォンをもっと便利に、生活をより豊かに

アプトピ

チャット形式で手軽にいろんな会話劇を読もう!【チャット小説アプリ「peep」】

チャット形式で手軽にいろんな会話劇を読もう!【チャット小説アプリ「peep」】

スマホで気軽に物語を楽しめるアプリ「peep(ピープ)」が面白いです!会話劇をLINEのようなチャット風に読めるからササっと読めて空き時間を埋めるのに最適です!……でも、ニヤニヤしちゃうので電車で読むのは注意です。

タップだけで簡単に読めるチャット風ケータイ小説!しかも人気作家だけ!

公式と契約した作家だけだからクオリティ保障!

チャット風小説アプリ「peep」は、その名の通りチャット風に物語を読み進めることが出来るアプリです。

チャット風小説アプリ「peep」

LINEのような表示形式で読み進められるから、まるで会話を聞いているような感覚で読破出来ちゃいます!

背景が変わるから読みやすい!

チャット風小説アプリ「peep」

上の画像はケータイ小説の書籍化が決定している*あいら*先生の「クールのち甘々な彼」の画像です。(凄い題名センスですね…)
背景が公園になっていますが、ストーリーの状況に合わせて変化していきます。

チャット風小説アプリ「peep」

こちらはマンガアプリ「マンガ読破」でコミカライズ原作コンテスト大賞受賞している雨宮黄英先生の「食われる前に、抱いて」の画像です。雪山の山小屋にいるというのが見ただけで分かるようになっています。

昼なのか夜なのか、どこにいるのかなど分かりやすい仕様になっています。このように読みやすさが凄まじいのがチャット形式の強みですね。

ジャンルはホラー・ミステリ系と恋愛が多い!

小説というと、「吾輩は猫である~~」のようにセリフというよりはモノローグだったり、心情や環境の説明だったり地の文が多いですが、「peep」はチャット風小説アプリなので、基本的には会話劇で構成されています。

ミステリ・ホラー系

チャット風小説アプリ「peep」

ミステリ・ホラー系の作品が多いです。もっと言うとホラーが凄く多いです。

でもホラーの場合こういう会話劇の方が、怪談を聞いている雰囲気が出て良いと思います。

唐突過ぎる劇的な展開も実際の会話のようにガッと頭に入ってきて臨場感が伝わります!チャットに慣れてる人ほど入り込めそうです!

恋愛系

チャット風小説アプリ「peep」

恋愛系は、とにかくイチャイチャするカップルを見せつけられます。魔法陣グルグルのギップルが出てきそうなすっげぇ甘いセリフや、唐突なケンカからの仲直りイチャコラがあって面白いです。

こちらも心情表現が(ほぼ)全てセリフに注がれているので、恋愛観が合わない人が読むと難解だと感じるかもしれないです。ほとんどケータイ小説みたいな感じなので、合わない人には合わないかもしれません。筆者はニヤニヤしながら読んでますが……。

ポイント制だけどいっぱい読める!

peepは基本無料ですが、自動で貯まるポイント分だけ読める制度になっています。

1peep(ポイント)で吹き出し1つ分読めるようになって、ポイントを購入しない場合100ポイントまでなら一定時間待てば回復します。

チャット風小説アプリ「peep」

つまり、画像の様な「ええー」だけの吹き出しにも1ポイント必要になります。

ええー
って思いました。しょうがないので無課金勢は、一気読みは諦めたほうが良いですね。せめて事前に何ポイントで読破できるのかが分かるようになってほしいですね。

チャット風小説アプリ「peep」

ちなみに、上の画像の「からくりゼウス」という作品では、アイザック・アシモフのロボット三原則が引用されていて、

このようなSFでは有名なロボットに対する倫理規定みたいなものなのですが、これに20ポイント近く使うことになりました。

完全に無料で読みたい人は小分けにして読むしかないです。

チャット風小説アプリ「peep」

ポイントが無くなったら広告動画を見て30ポイント回復するか、40分待機しましょう。
ちょっと手間にはなりますが、こうやって読めば完全無料になります。

どうしても先が気になる!!
ってなったら、120円で400ポイント買えるので買っちゃうのも手です。400あれば切りの良い所までは確実に読めます!

チャット風小説アプリ「peep」

定期購読もお得です。
1週間読み放題が360円
1ヶ月読み放題が960円
となっています。

この位ならお布施とおもって払っても良いかな……という方は断然に定期購読がお得ですよ。
しかも、1ヶ月読み放題は最初の1週間はお試し無料期間なので、是非使ってみてくださいね!

ポッポ

この記事のライター
ポッポ
peepからラジオドラマとか朗読劇が生まれたら面白そうですね。

関連サイト

peep公式サイト

この記事に関するキーワード