logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

iOS11から使えるようになった緊急SOSって何?設定する方法は??

iOS11から使えるようになった緊急SOSって何?設定する方法は??

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

iOS11から実装された「緊急SOS」は、素早い操作で緊急電話をかけると同時に、事前に登録した緊急連絡先へテキストメッセージを送ることができる機能です。事前の登録や、iPhoneのシリーズごとの操作方法を紹介いたします!


「緊急SOS」って何ができるの?

事件や事故を起こしたり巻き込まれたりしたときには、素早く通報や救助を求める必要があります。「緊急SOS」を使えば、パスコードの入力や指紋認証を省略して警察や救急などの緊急通報用電話番号に発信をすることができ、同時に事前登録した連絡先へ緊急事態を知らせることができます。

緊急連絡先へは、iPhoneの現在地やSOSモードに入ってからの経過時間がテキストメッセージで送信され、現在地が変わるたびにそれぞれの最新情報が届きます。

例えば、万が一自分が誘拐された場合、最新情報のテキストメッセージによって緊急連絡先に登録した家族へ現在地を伝えることができます。

緊急SOSの操作方法!

iPhone8とiPhone7以前の機種では、緊急SOSの操作方法が異なります。

iPhone7以前の機種の場合

iPhone7プラスで緊急SOSを設定する方法
筆者はiPhone7 PLUSを使用しています

iPhone8またはiPhone8 PLUSの場合

iPhone8を使用していても、先述した“サイドボタンを5回押す”方法に変更することができます。

いざというときに周囲の人が緊急SOSを操作する可能性を考えると、現状ではiPhone7以前の機種を持つ人の方が多いので、設定を揃えておくと良さそうです!

間違えて作動した場合は慌てずキャンセルを

実際に発信するまでは、常に画面下部に「キャンセル」ボタンが表示されます。意図せずに緊急SOSが作動してしまった場合には、慌てずにキャンセルしましょう。

iOS11の緊急SOS設定方法

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。