スマホで見つける、もっと可愛い私

Googleストリートビューアプリの使い方【撮影・投稿編】

Googleストリートビューアプリの使い方【撮影・投稿編】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プライバシーには十分注意を!

公共の場所で撮影をしていると、どうしても他の人物や車のナンバーなどプライバシーに関わるものが写ってしまう場合があります。

そのような場合には、先述した「360°写真にぼかしを入れる」で処理をしましょう。

公開された360°パノラマ写真は全世界のユーザーから閲覧可能となります。写り込んでしまった人のプライバシーを守るため、Googleストリートビューの品質向上のため、投稿には細心の注意を払いましょうね!

また、他のユーザーによる投稿を閲覧しているとき、そのような写真を発見した際には「問題の報告」を行い修正・削除依頼を出しましょう。
 

もっと高度な360°パノラマ写真を撮影したいなら…

今回は、スマートフォンを使用した360°パノラマ写真の撮影方法を紹介いたしましたが、市販されている全天球カメラ(1度で360°写真を撮影することができるカメラ)と接続したり、撮影した写真をインポートして公開することも可能です。

RICHO THETA S全天球カメラの「THETA S」(出典:RICHO THETA

スマホ使用時のように何枚も撮影する必要がなく、画像のズレも最小限に抑えることができるので、「もっとストリートビューアプリを楽しみたい!」という方はぜひ参考にしてください!

参考サイト:360° カメラの設定と接続 – マップ ヘルプ

「Googleストリートビューで自分のお店を紹介したい!」「地元の素敵な景色を世界に発信したい!」そんな願いを簡単に叶えることができる時代がやってまいりました。

見ているだけでも楽しいストリートビューですが、自分が撮影した360°パノラマ写真がたくさんの人に見てもらえる喜びはひとしおです!

素敵な景色や宣伝したい場所は、どんどん撮影して公開してみてはいかがでしょうか!

ポラリスてっぺー

この記事のライター
ポラリスてっぺー
当記事の執筆中、ちょうど実家に帰省していたので、幼い頃よく遊びに行っていた「今津運動公園」を撮影することができました。福岡の中でも人気急上昇中の観光スポット、「糸島」の近くにある大きな大きな公園です。ぜひストリートビューでのぞいてみてください!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。