『かわいい』が生まれる場所。

Evernote(エバーノート)の各プランの違いを比較!お得な小技も紹介します

Evernote(エバーノート)の各プランの違いを比較!お得な小技も紹介します

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

紙に書いたメモなどの書類や、ウェブページや音声データなどを一括管理できるEvernote。無料で使えるベーシックプラン、有料のプラスプランとプレミアムプランの3種類のプランが用意されています。今回は、3つのプランの機能の比較と、賢くお得な使い方を紹介していきます!

関連記事:Evernote記事一覧

ベーシック・プラス・プレミアムの特徴を比較!

Evernoteには、ベーシック・プラス・プレミアムの3つのプランが用意されています。3つのプランの機能の比較をしました!

ベーシックプランの特徴

「Evernote(エバーノート)」のベーシックプランの内容

ベーシックプランは、唯一の無料プランです。

上の表を見ると利用できる機能は少なく見えますが、

  • 画像やウェブページのノート作成
  • スキャン機能
  • 音声データの保存

などの主要な機能は利用できます。

60MBという月間アップロード容量を踏まえると、文章やメモの書き溜めを中心に活用したい方は、ベーシックプランで十分満足できると思います。

プラスプランの特徴

「Evernote(エバーノート)」のプラスプランの内容

プラスプランは、月額360円、もしくは年3,100円(1ヶ月 およそ258円)で利用可能な有料プランです。

  • 同期可能端末数が無制限
  • ノートのオフラインでの使用
  • Evernoteへのメールの転送

といった機能が追加されます。

1GBとアップロード容量も大幅に増えていて、お得感がすごく出ています!ベーシックプランを使ってみて、アップロード容量が足りるかどうかが、ベーシックとプラスの分かれ目になりそうです。

プレミアムプランの特徴

「Evernote(エバーノート)」のプレミアムプランの内容

プレミアムプランは、月額600円、もしくは年5,200円(1ヶ月 およそ433円)で利用可能です。

  • PDFに注釈を挿入
  • プレゼンテーションモード機能(ノートをプレゼン資料に即変換可能)
  • 名刺をスキャンしてデジタル化

など、他のアプリも使わないとできないようなことが、Evernoteひとつで利用できます!

実はこのほかに、Evernote Business(月額1,100円)というプランもあります。専任の担当者によるサポート対応が利用できるという、企業向けのプランです。

なので、企業として活用したい方はBusinessプラン、個人として仕事の生産性や効率を上げたい方はプレミアムプラン、という選択になりそうです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。