『かわいい』が生まれる場所。

懐かしの読書カード感覚。読んだ本を記録して、読書をもっと楽しく!【読書管理ビブリア】

懐かしの読書カード感覚。読んだ本を記録して、読書をもっと楽しく!【読書管理ビブリア】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

おまけ☆アプトピ編集部のみなさんのオススメ本

私自身あまり本に詳しくなく、どの本を読んだらいいかわからない状態なので、アプトピ編集部の読書家の皆さんに聞いてオススメの本を「読みたい」に追加してみました!

「読書管理ビブリア」に登録した、アプトピ編集部のオススメの本

ライター陣の方からオススメしていただいた本のおすすめポイントを聞いてみました!

ユリゴコロ (沼田まほかる)

こちらはAyamiさんからオススメしていただいた本です。

オススメポイント

ただのサイコパスミステリー小説かと思いきや、読み進めていくと登場人物たちそれぞれの「愛」が見えてくるところに感動しました。久しぶりに本を読んで嗚咽が漏れるほど泣きました。読み終えた後、家族や友だち、恋人など大切な人に会いたくなる本。

Ayamiさんがそこまで泣くならきっと、涙腺ガバガバの私が読んだら本がしわしわになってしまいそうです(´;ω;`)

私の男 (桜庭一樹)

こちらは私が今、桜庭一樹先生の本を読んでいると言ったら、同じ作者が書いているからとまさみさんがオススメしてくださった本です。

オススメポイント

テーマそのものは過激で、とても「分かる~」と共感できるようなものじゃないです。が、描写が繊細で、すんなりと彼女たちのたどった人生を理解できました。その描写力が心に深く残っています。シンプルなタイトルもインパクト大。

映画化もされた有名な作品で気になってはいたのですが、読んだことはなかったのでぜひとも読みたいなと思います!

壁 (安部公房)

こちらはポッポさんがオススメしてくださった本です。

オススメポイント

壁は安部公房の前衛的表現が凄まじい小説で、普通に読んだらただ意味不明な文章が連なっているだけなんだけど、小説だからそれでも意味をなしていて色んな繰り返される表現を読んでる内に世界観に没入できるところ

意味不明な文章・・・。読めるか心配になってきました。それでも意味をなしているということは、もしかしたら、私もその世界観に没頭して読めてしまうかもしれません!

「読みたい」がいっぱい増えて嬉しいです!どれから読もうか迷ってしまいますね。読書家の皆さんが勧める本なので、本当におもしろそうで今からワクワクしています!

目標は今「読みたい」に登録してある本を半年以内に読み切ることですね(*^-^*)

みなさんも「読書管理ビブリア」を使って、素敵で快適な読書ライフを過ごしてみてはいかがでしょう!

ぴぴ

この記事のライター
ぴぴ
本を読みまくって半年後には語彙が驚くほど増えているといいな~。とぼんやり思っています。そんなすぐに増えるものでもないですけど(笑) 普段からマンガしか読まない私が、飽きずに読了出来るのか今から心配です。どうにか三日坊主にならない様に頑張りたいです。

関連サイト

読書管理ビブリア

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。