logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【シャニマス解説】箱マス経験者におくる、シャニマスとの共通点・異なる点

【シャニマス解説】箱マス経験者におくる、シャニマスとの共通点・異なる点

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

シャニマスの基本システムは、かなりアーケード版・XBOX360版・PSP版アイドルマスターを想起させる要素があります。ただ、システムがすべて一緒というわけではありません。箱マスを思い浮かべてプレイしてもらうとスムーズなんですが、逆に混乱してしまう攻略ポイントもあるかも…この記事では、主に箱マス経験者のPさんに向けて、プレイのポイントをお伝えしていきます。

関連記事
シャニマスまず最初にすべきこと

Contents


ゲーム要素の大きな共通点

基本的に「アイドルを成長させる」ことが大きな要素になっている

ト

アイドルマスターの今までのアプリゲームも、もちろんアイドルの成長を描いてきました。しかし、育成そのものに要素として大きな焦点が当たっているというよりは、ストーリー要素の中で成長が描かれることが多かったような気がします。

ト

シャニマスでは、「プロデュース」を通じて、アイドルを育成することが大きな要素となっています。レッスンやお仕事を通じてステータスアップさせ、その成果をオーディションで競い、ファン数を獲得し、アイドルとランクアップの喜びを分かち合う。そういうプロデュースなんです。

週の経過演出なども箱マスに酷似しており、とても懐かしい気持ちになります。

ト

コミュ要素多し。パフェコミュ、思い出などの懐かしい言葉も

箱マスを連想させるコミュ要素が多いです。

ト

特にコミュの結果を「パーフェクトコミュニケーション」「グッドコミュニケーション」と呼んだり、その結果によって思い出がたまったりするのもお馴染みですね。

ト

テンションもある

結構悩まされた思い出の多いテンション管理ですが、シャニマスにも復活しています。詳細は後程お伝えしますが、箱マスのそれよりはかなり単純化されており、管理も楽になっていると思います。

ト

オーディションは数値による単純な力比べではなく、☆の獲得数を争う形式

アプリゲームでは、どうしても対戦要素は、対戦する前から数値で勝敗が決まりがちでした。音ゲーの場合は、音ゲーの腕によっても変わってきますが…。

ト

シャニマスは、箱マスやアケマスと同じく、単純な数値ではなく、どの審査員からどれだけ☆を獲得したかで勝敗が決まります。全体的にステータスが劣っていたとしても、駆け引き次第では勝ち抜くことが可能です。

ト

ただ、☆の獲得方法についても色々変わっていますので、そちらも下の方でお伝えしています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。