『かわいい』が生まれる場所。

パソコン(iTunes)を使ってiPhoneをバックアップ・復元する方法

パソコン(iTunes)を使ってiPhoneをバックアップ・復元する方法

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

「故障や紛失」「機種変更したら昔使ってたアプリがストアにない」など、不測の事態が起きてしまった場合、本当にショックですよね。しかし、PC上にバックアップをとっていれば安心。今回はバックアップから復元までの方法をご紹介します。

日頃からiPhoneのデータはバックアップをとっておこう!

iPhoneの故障や紛失は、いつ起こるかわかりません。大切なデータを守るためにも、バックアップはこまめにとっておきましょう。

iPhoneのデータをバックアップする方法は、大きく分けると以下の3つがあります。

POINT

今回は、PCを使ってiTunesにバックアップをする方法をご紹介します。

個別でバックアップを取る必要のあるアプリに注意!

iTunesやiCloudを使ってバックアップ・復元をしても、アプリ自体がデータを持っている場合など、対応していないことがあります。

特に自分がよく使うアプリは、バックアップが個別で必要なものかどうか注意してバックアップをしましょう。

iTunesを使って、PCにバックアップする方法

iTunesをPCにインストール

iTunesは、Appleが提供しているフリーソフトで、PC上の音楽を再生したり、iPhoneとPCを同期するためのものです。もしPCにiTunesがインストールされていない場合は、下記のボタンから配布ページへ飛び、インストールしてください。

iPhoneをつなぎ、iTunesへバックアップ

iTunesがインストールできたら、ケーブル(充電コード)でiPhoneとPCを繋ぎ、iTunesを起動します。

iTunesを使用してのアプリのバックアップ

起動したら、左上の端末マークをクリック。

iTunesを使用してのアプリのバックアップ
「概要」を表示後、「今すぐバックアップ」を選択。

iTunesを使用してのアプリのバックアップ
バックアップの進捗は画面上部で確認できます。iPhoneに入っているデータの容量やPCのスペックによってかかる時間はかわりますが、20分~2時間くらいかかることがあります。気長に待ちましょう。

以上で、PC上へのバックアップが完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。