『かわいい』が生まれる場所。

【カンタン】失敗しない透明トレカの作り方♡写真を水でごしごししてラミネートするだけ!

【カンタン】失敗しない透明トレカの作り方♡写真を水でごしごししてラミネートするだけ!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

こんにちは~!えりなっちです🐥🌈

今回は、インスタでも話題の『手作り透明トレカ』のつくり方を紹介したいと思います(´ω`)ノ

100均アイテムと家にあるものだけでできますし、つくり方もカンタンなんですっ!お部屋に飾ってもよし、メッセージカード代わりにしてもよし…💕

失敗しないコツや、キラカードの作り方なども教えちゃいます!!

この記事でわかること

  • 透明トレカのつくり方♡
  • 失敗しないコツ♡
  • 上級編!キラカードのつくり方♡
100均グッズでメガホンを作る方法♡

好きな写真で自作のかわいい透明トレカを作ろう♡

それでは早速、透明トレカの作り方を紹介していきたいと思います🦄🌈

作り方の工程はざっとこんな感じですっ

POINT

  1. 写真をコピー用紙に印刷
  2. ラミネートに写真を貼る
  3. 水に浸してゴシゴシする
  4. 水と空気を抜くようにして貼り付ける

たったこれだけでかわいい透明トレカが作れちゃうんです💖

透明トレカ作りに使う材料と道具


アゴがすんごい長いけどSNOWで加工しています(笑)

透明トレカを作るための材料は2つだけ!100均のセルフラミネート(キャンドゥで買いました)と、透明トレカにしたい写真を、ハガキサイズに印刷したコピー用紙です。iPhone 6s Plusと比較すると、これくらいの大きさです~🙌

また、透明トレカを作るのに準備する道具がコチラです。

  • はさみ
  • タオル
  • 洗面器(水を入れて使います)
  • 定規や缶の蓋などのかたいもの

ほとんど家で準備できるものだとおもいます\(^o^)/

セルフラミネートはAmazonなどでも購入可能です。ちょっと枚数が多くて割高にはなってしまいますが、おうちに届くので便利です!

透明トレカの作り方

それでは早速作っていきましょう~~~!!


風邪ひいてるコンディション悪女

まずは、印刷した写真をカットしていきます。余白は極力ないほうがいいです!その方が仕上がりがキレイになります〜🤪

次に、切った写真をセルフラミネートに貼っていきます。粘着部分に、写真が印刷されている方をベタっと貼ってください。この時、しわにならないよう注意です(´;ω;`)

粘着面が丸まってしまう時は、折り目をしっかりつけるといいですよ💞🐶

写真が貼れたら、定規や缶の蓋などのかたいものでごしごししてください(えりなっちはめんどいからはさみの後ろ側でごしごししたぜ☆)しっかり隅の方までやってくださいね~!!

やりすぎてボロボロになるのはよくないので、この作業はほどほどでOKです🐶

いい感じにごしごしできたら、洗面器に水をためてラミネートを浸し、ゆっくり指でこすっていきます。

え!粘着部分濡らしちゃっていいの?!って思うと思うのですが!大丈夫!信じてwww

すると、紙がポロポロ取れてインクだけがラミネートに写ります🌈これは白い部分が完全になくなるように、しっかりかつ丁寧にこすっていってくださいね😉

白い部分が完全に剥がれたら、水から上げて、タオルの上に置きます。水はある程度入ったままでいいので、再び定規などの固いもので、空気と水を逃がし、ラミネートしていってください!

完成した透明トレカがこちら!

めっちゃ透けててカワイイ!!(けど画像に難あり)

こんなアゴ長い、1ミリも映えない写真だけでなく、ちゃんとかわいい写真でも作りましたよ(笑)

素材はねるねるちゃんが提供してくれました〜👩💓

映えてます…かわぇ…

大きいサイズで下敷きも作れる!

今回はポストカードサイズで作ってみましたが、大きなサイズのセルフラミネートを使えば、下敷きを作ることもできます!

サイズ名 サイズ
B5 182×257mm 小学校~高校のノートの同じサイズ
A4 210×297mm 大学のレジュメやコピー用紙のサイズ

セルフラミネートのサイズは、上の表より少し大きくなっています。B5対応サイズは、B5の用紙を挟むことができ、A4対応サイズは、A4の用紙を挟むことができます。

下敷きのように大きくなると、より空気が入りやすくなるので、慎重に作っていきましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。