『かわいい』が生まれる場所。

加工アプリ『MOLDIV(モルディブ)』を使ってみた!『キラキラ加工』は課金しないとできないって本当?

加工アプリ『MOLDIV(モルディブ)』を使ってみた!『キラキラ加工』は課金しないとできないって本当?

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

みなさんこんにちは!
APPTOPIライターの、あめです☔🌈

今日はカメラアプリ『MOLDIV(モルディブ)』についてご紹介していきます!

『MOLDIV』は『B612』や『SNOW』などのように画像加工ができるアプリ。フィルターやステッカーなどの編集機能が盛りだくさんです!✨

そして『MOLDIV』といったら『キラキラ加工』ですが、この機能、課金しないと使えないとか…。今日はその真偽についても触れていきたいと思いますよー!

それでは、どうぞ!

画像加工のその他の記事

MOLDIVのフィルターを使ってみた

まずは『MOLDIV』で使えるフィルターについてご紹介。基本的に『MOLDIV』は有料のパックを購入して機能を拡張するシステムになっています。

そのなかでも無課金で使えるフィルターは『BASIC』カテゴリ全20種と『NATURAL』カテゴリ全10種で。合計30種です。

無料のフィルターを使ってみた一例がこちら👇

これだけでも十分な量ですが、有料のものを合わせると、フィルターのカテゴリは全部で13個あります。

カテゴリごとに10~30種類のフィルターが用意されているので、そのバリエーションはすごい数です。

有料のフィルターはより個性が強く、おもしろいものが多い気がします。

課金しないと保存はできませんが、使ってみること自体は可能なので、色々試してみてください❤

MOLDIVのテクスチャ機能を使ってみた!キラキラ加工は有料?

お次は『テクスチャ』機能の説明です。

この機能ではあえて擦れさせたりして、画像にクセを与えられます。

使ってみた一例がこちら👇

いい感じに画像が擦れましたね!

最近流行の『レトロ加工』とも相性がいいと思われます!

【レトロ風加工】「film12」を使って自分だけのレトロ風写真をつくろう
インスタントカメラ風アプリ「NOMO」でレトロな写真を撮ろう!

このテクスチャ機能も課金によって拡張するシステムで、無課金でも使えるのは『GRAIN』カテゴリの6種類のみ!

課金しないと使えない機能が多いのでご注意ください…。

『キラキラ加工』は課金が必要?

そして、みんな気になる『キラキラ加工』についてです!

ネットで『モルディブ カメラアプリ』と検索すると、履歴部分にはほぼ確実に『キラキラ加工』と付いてくるほどMOLDIVはキラキラ加工のかわいさに定評があるアプリなんです。

実際にテクスチャ機能を使って『キラキラ加工』をしてみました。

やはりクオリティが高い気がします!

ただし、残念ながらこの機能、課金しないと使えないんです…。

360円の『フィルターパック』を購入すると使えるようになるので、興味のある方はぜひ購入してみてください!

ちなみに、『キラキラ加工』は他のアプリでも可能です!その方法についてはこの記事を参考にしてみてください★

【インスタ映え】実はとってもカンタン!キラキラ加工をかけてみよう

他にもいろいろできるMOLDIV!

MOLDIVはオールマイティな画像加工アプリ。

他にもいろいろな機能があります。

ステッカー

『ステッカー』機能では様々なステッカーを画像につけることできます。

無料で使えるステッカーはこんな感じ!

600円の『ステッカーパック』を買えば464種のステッカーがすべて使えるようになりますよ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。