logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

寒くて外に出たくない人必見👀室内でゆったり楽しめておしゃれな【おふろcafe utatane】♨

寒くて外に出たくない人必見👀室内でゆったり楽しめておしゃれな【おふろcafe utatane】♨

こんにちは、ねるねるです🐄❤

最近寒くなって、外に出たくなくなってきましたよね😹室内でゆったりくつろげる、かわいいお風呂cafeが、今の時期すっごくおすすめです🌹

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

今日は埼玉県にある「おふろcafe utatane」さんの、私がオススメする過ごし方についてご紹介していきますね❤

大人気カフェがついに東京初出店!Cafe no.(カフェナンバー)が原宿にOPEN!!

おふろcafeの過ごし方

「おふろcafe utatane」にはお風呂だけでなく、こたつやハンモックなどのくつろげるスペースや、おしゃれなカフェなどがあったりするので、ほんとに1日中いても飽きないんです!

おふろ

何度でもお風呂に入れます!!

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

「白寿の湯」という温泉から運んだお湯を使った露天風呂は、冷え性や疲労回復に効果バツグンです✊🔥

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

広々とした大浴場もあるのでゆったり過ごせます!他にはジェットバスなどもあって、1人でも、友達とでも長くいられるようになっています!😻

カフェ

モーニングが7:00-9:00(L.O.8:30)
ランチからディナーが11:00-24:00(L.O.23:30)となっています!

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

プリンなどのデザートから、

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

様々なプレート、

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

麺類など種類がすごく豊富!全部食べたくなってしまいますよね😋(笑)

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

この料理は支配人がフィンランドで体験した伝統料理をアレンジしているそうで、とってもおいしかったです😹

ゆったりくつろぎ場

私たちが行ったのが、ちょうど1年前のクリスマスでした!1年あっという間です😿この時も寒かったので、こたつがありました!

くつろぐ場所はなかなかの争奪戦で、特にこたつは全然空かなくて入れませんでした😿ですが、ハンモックは奇跡的に使えました😹💗ああ嬉しい♡(笑)

この写真はGoProでとりました!

また、漫画がたくさん用意されているので、椅子やハンモックなどでゆったり読めます📒

私も彼と一緒に漫画を読んでいたのですが、漫画の読み方がわからない私には2ページがギブで、「まだかなあ」と写真をとりまくってました😹(笑)

また、館内にはWi-Fiが完備されているので、お仕事などもできます!

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

他にも有料で宿泊ができたり、ボディケアが受けられたりしますよ!

特別イベント

12/31にはカウントダウンイベントを20:00~開催するそうです!

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

そのほかにも、LIVEワークショップなどのイベントがもりだくさん!11/9-12/25は館内がクリスマス仕様になっていて、可愛いツリーなどがあるそうですよ🎄🎅

店舗情報

料金

フリータイムが大人(中学生以上)1260円 小人(小学生以下)630円ですが、会員料金だと、1080円と540円とかなりお安くなります✊🔥

深夜は大人のみ利用可能で+840円かかります。

それ以外に、時間制のコースも用意されていますよ!

  • 60分・・・大人500円 小人250円
  • 90分・・・大人680円 小人340円
  • 120分・・・大人840円 小人420円

あまり時間がないけど、ちょっと休憩したいときなどにも使えますね♪

アクセスと営業時間

電車の方は、埼玉新都市交通「ニューシャトル」の鉄道博物館駅で降りると便利です!線路沿いを北に向かって徒歩約10分です。

バスの場合は無料のシャトルバスがありますが、先着9名までです!

出典:「おふろcafe utatane」公式サイト

車で来る場合、駐車場は無料となっています!一番近いのが国道17号線「大成橋南側」信号すぐです。

おふろcafe utatane

  • 住所:埼玉県さいたま市北区大成町4-179-3
  • 営業時間:10:00‐翌9:00

ゆったりくつろぐところを確保したい人は早めに行ってくださいね😹

オシャレなCafe写真を撮る方法☕📷
退屈な休日とおさらば‼おでかけ情報アプリaumoでインスタ映えスポットへGO‼
ねるねる

この記事のライターねるねる
また行きたいなあ😻

この記事に関するキーワード