『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの「ミュージック」アプリって色々便利な機能があるんですよ!Apple Musicを含めた機能を色々紹介します!

iPhoneの「ミュージック」アプリって色々便利な機能があるんですよ!Apple Musicを含めた機能を色々紹介します!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Contents[OPEN]

iPhoneの「ミュージック」アプリでプレイリストを作成する方法

iPhoneの「ミュージック」アプリで音楽聴いているけど、プレイリストの作り方とかよく分からないよ~~

という人もいると思います。

ってことで、ここからはiPhoneの「ミュージック」アプリの基礎的な使い方をご紹介していきます。

画面左下の「ライブラリ」を選択すると上のような画面が出ます。

そこの上部に「プレイリスト」という項目があるのでタップします。

POINT「プレイリスト」が表示されてない!という方は、

「ライブラリ」の右上にある「編集」をタップして、「プレイリスト」にチェックマークが付いているのを確認しましょう!

「プレイリスト」をタップすると、この様な画面が表示されます。

この画面で「新規プレイリスト」をタップします。

後は「ミュージックを追加」をタップすれば、好きなようにプレイリストを作成することが出来ます!!

「プレイリスト名」をタップすれば名前も自由に作ることが可能ですし、「説明」をタップすると何故このプレイリストを作ったのか?などの説明文も書けるようになっています。

写真ボタンをタップすると自分の好きな写真や、画像をプレイリストのジャケットにすることも可能!

あえて選ばないでプレイリストを作成すると、楽曲のジャケットがここに表示されます。

プレイリストに入れたい楽曲の選択方法

プレイリストに入れたい楽曲は上の画像ののボタンを押すと、アルバム全曲がプレイリストに入ります。

の様に、楽曲の横の「+」をタップすると、その楽曲だけがプレイリストに追加される、という仕様になっています。

後は自分の好きな楽曲を好きなように並べて、iPhoneで「ミュージック」を楽しんじゃいましょう!

【iPhone】楽曲が増えると探すのが大変!検索機能の使い方【ミュージック】

【iPhone】曲名・アーティスト・プレイリスト…色々検索できる!【ミュージック】

iPhone、というかスマホを使っている人誰しもがブチ当たる壁「ストレージ」。

筆者の場合、その大半が音楽、つまり「ミュージック」アプリに占領されています。

調べてみたら、4001曲が入っていました。……1曲余分なんだよ! キリよく4000であって欲しかった!!でも素数だから良いや!

551番目の素数・4001もある中で、突然聴きたくなった楽曲をわざわざ探すのは面倒です。

こんな時に便利なのが、もちろん検索機能!!

「ミュージック」アプリの右下「検索」をタップします。さらに検索欄をタップすると、「Apple Music」と「ライブラリ」2種類のタブが出てくるので「ライブラリ」を選択します。

そして、見つけたいアーティストや曲名、プレイリストをここで検索できます。

例えば僕の場合、「あ」と打ち込むだけで、あいみょんさんや、「あ」から始まるアルバムが沢山出てきます。

あいみょんさん以外、見事にアニソンだったので、(僕ってアニオタなんだなぁ)と再確認しました。

【iPhone】Apple Musicの無料トライアルとプラン【ミュージック】

Apple Music

Apple Musicのプランは3つ存在します。いずれも3か月は無料トライアルができるので、まずは試してみてもいいかもしれないですね。

プラン名 月額
学生 480円
個人 980円
ファミリー 1,480円

学生・個人はプランの内容、使える機能は同じです。

学生プランを利用する条件

Apple Musicの学生プランは、その名の通り学生のみ利用できるプランです。在学証明が必要なので、よく確認してから利用しましょう。

「学生」の対象は以下のとおりです。

  • 大学(短期大学および大学院)修学中
  • 大学と同等の高等教育コースの履修中
  • 高等専門学校・専門学校(専修学校専門課程)で修学中

小中学生、高校生は対象外となるので、次に紹介するファミリープランの利用がおすすめです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。