『かわいい』が生まれる場所。

【Snapseed】自動でも手動でも、変幻自在に細かい画像加工ができるアプリ【使い方まとめ】

【Snapseed】自動でも手動でも、変幻自在に細かい画像加工ができるアプリ【使い方まとめ】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Contents[OPEN]

「ディテール」機能でシャープにしたり、質感を演出しよう!

snapseed

写真の質感を変えたり、シャープにできる「ディテール」機能の使い方です。

「ディテール」を使うと、建物やインテリア、動物などの質感を調整できます。

例えば猫ちゃん!

snapseed

「ディテール」には

  1. 「ストラクチャ」
  2. 「シャープ」

の2つの機能があります。

「ストラクチャ」では質感が、「シャープ」では輪郭が調整できます。

「ストラクチャ」を+100に振り切って、「シャープ」で調整すると…

snapseed

モフモフしてそうな猫ちゃんになります。

逆に「ストラクチャ」を-100に振り切ると、

snapseed

油絵みたいな、しっとり感が出ました。

この2つの写真は極端な例です。細かく調整できるので、色々な被写体の「質感」を強調したい時にピッタリな機能だと思います!使い方次第ではふわっふわな猫ちゃんを、よりふわっふわにできますよ!

「カーブ」機能は使い方を覚えれば色彩が自由自在!!

snapseed

「カーブ」はRGB(レッド・グリーン・ブルー)を調整する機能です。こちらは少し使い方や色合いのバランスを覚える必要がありますが、説明していきます。

snapseed

上の画像の様にカーブを調整して画像の色合いを変えることができるんです。

こんな爽やかな夕暮れの写真でも、

snapseed

ちょっとダークな印象を与える様に変化させられます。

手動でも操作できますが、フィルターが豊富で自動調整してくれる機能もあります。

snapseed

執筆現在、フィルターが29個もあって、自分で操作しなくても写真の印象をガラッと変えられます!

snapseed

フィルターを選ぶと曲線が表示されます。それぞれの曲線をどの様に調節すると、どんな印象になるのか? という参考にもなりますよ!

「ホワイトバランス」で”光り”の見え方を調節しよう

snapseed

ホワイトバランスって何? という疑問もあるかと思うので、軽く説明します。

写真を撮る際に意識する事の1つに「光源」があると思います。例えばお店の中なら「窓際の席で日光を入れる」とか、「蛍光灯の真下の席を選ぶ」とか、そういう事です。

ですが、日光でも蛍光灯でもLEDでも、光に含まれている色が違います。例えばパッと見、白い光りでも青色が強いと、全体が青っぽくなってしまいます。

そんな色が違う光の中で、キチンと白い光にバランスを変更する機能がホワイトバランスです。

snapseed

例えば、こんな写真があったとします。夜の湖の風景に焚き火が映えていますね。

この写真のホワイトバランスを、「Snapseed」の自動調整で変更すると、

snapseed

赤色が強調されて、炎が綺麗に写ります。

snapseed

色温度」と「色合い」を変更することで、青っぽい色を強調したいのか、赤っぽい色を強調したいのかを調整出来ます。

snapseed

画面下にあるルーペのアイコンをタップすると、ルーペが表示されて、ピンポイントに「ここにホワイトバランスを合わせたい!」という選択ができます。

色温度が低い所に合わせると画像全体の色温度が上がって、色温度が高い所に合わせると画像全体の色温度が下がります。

「切り抜き」で画像のサイズを変更しよう!

snapseed

インスタに投稿する時などは、画像の縦横比が大切ですよね。そんなサイズを変更できます。

snapseed

手動で縦横比を変える「フリー」やインスタでよく使う「正方形」などなど、色々な縦横比に変更できます。

「回転」はそのまま画像を回転させます!

snapseed

「回転」機能では、画像を回転・反転させられます。

このように、ワンタップで調整できますし、

手動で、画像の角度を0.00°までの精度で回転させられます!

「射影変換」の機能では、空間を捻じ曲げられます!

focos

「Snapseed」の「射影変換」機能は凄いですよ!早速使い方を解説していきます!

snapseed

例えばこの羽生パーキングエリアの画像ですが、

snapseed

遠近感が全然違う!!

こんなことができちゃうんですよ!!凄くないですかこれ!?

でも、やり過ぎには注意です。

snapseed

コイツはウチの実家の犬ですが、コレをやりすぎると、

snapseed

グラフィックがバグったゲームみたいになっちゃいます。

こういうバグった感じが嫌な場合は、

snapseed

「スマート」「白」「黒」の3つの内の「白」か「黒」を選ぶと歪んだ所を、白か黒で塗りつぶしてくれます。

スマート」を選択すると、先程の様なバグった感じになることもあります。

さらにもう1機能。

snapseed

自動調整機能もあります!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。