『かわいい』が生まれる場所。

【Snapseed】自動でも手動でも、変幻自在に細かい画像加工ができるアプリ【使い方まとめ】

【Snapseed】自動でも手動でも、変幻自在に細かい画像加工ができるアプリ【使い方まとめ】

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Contents[OPEN]

「アンクロップ」で背景を自然に引き伸ばせます!これマジすごい!!

snapseed

「アンクロップ」は使い方が簡単な上に、超スゴい機能です!

snapseed

こういう画像があったとします。上下左右に余白があるんですよね。下の「スマート」アイコンを選択して引き伸ばすと…

snapseed

背景が自然に引き伸ばされています!スッゲェ!!!

でも、この「アンクロップ」機能もやり過ぎには注意です。

snapseed

余白目一杯に引き伸ばすと、背景がすこしゴチャゴチャっとなってるし、帽子長過ぎ!!ってなっちゃいました。

凄い機能ですが、注意してくださいね~

「部分調整」で部分的な明るさを調整できる!!

snapseed

スマホで写真を撮影すると、

(あ~、ここ白飛びしちゃったなぁ)

とか

(ここだけ暗くなっちゃったなぁ)

とか、あると思います。

そんな時にめっちゃ役立つ機能がこの「部分調整」です!

snapseed

左が無加工、右が部分調整をした写真です。

分かりますか? 写っている鳥居の明るさが全然違うんです!これは本当に暗い所を明るさMAXにしているので画像全体が少し明るめになっていますが、日常写真のちょっとした影なんかだと凄く自然に明るくできます。

明るくしたり、暗くしたり、ピンポイントな部分調整を楽しみましょう!

「ブラシ」機能を使うと、もっとピンポイントな調整が可能!

snapseed

「Snapseed」の凄い所は、細部にまでこだわれる所だと思います。

「ブラシ」機能を使うとブラシで塗った所だけ、明るさの部分調整・露出・色温度・彩度を調節できます!

snapseed

こちら「部分調整」でも使った写真ですが、「ブラシ」機能は“塗った所だけ”を調整する機能なので、本当にピンポイントな加工ができるんです。

snapseed

上の画像の赤くなっている所がブラシで塗ったところです。

画像を拡大できるので、塗りたい範囲の細かい調節も可能です。

この範囲の「明るさ」と「露出」と「彩度」を強くすると…

snapseed

どうでしょう!鳥居の所にライトがあるかのような明るさ!!

あんなに暗かったのに、こんなに明るくなるなんて!!

凄いです。スマホでこんなに詳細な画像加工ができるって「Snapseed」本気過ぎでしょ……。

ていうか、ここまで書いてまだ10個目! 半分も紹介できてない…。Snapseedすごーい!Googleすごーい!

「シミ除去」機能でシミを除去しよう!

snapseed

肌のシミを自然になくしてくれる機能は、いろんなアプリで使える便利な機能ですよね。

最強と名高いSnapseedもスタンダードな機能あるんですね。

snapseed

当サイトのライターであるえりなっちさんにお手伝い頂き、使い方を解説していきます。

「シミ除去」の使い方といえば、こういう写真を

snapseed

こんな感じに拡大して、気になるシミなどをタップすると、自然な感じに消してくれます。

もちろん精度は折り紙付きで、

snapseed
After← →Before

目の下にある水ぼうそうの痕を消しました!自然すぎて凄いですね!

「HDR風」を使うと明暗の幅が広がります!

snapseed

スマホで写真を撮ると、「HDR」というワードが目に入ると思います。

この「HDR」というのは、High Dynamic Range(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略称で、ダイナミック・レンジというのは、噛み砕いて言ってしまうとカメラで表現できる明暗の比率の事で、その比率を広く合成してくれるのが「HDR」なんです。

実際の写真で見比べると、その違いは一目瞭然です。

snapseed
「HDR」無し

snapseed
「HDR」有り

HDR」有りだと、空の青さがハッキリして、建物に反射した日光が抑えられています。

Snapseedの「HDR風」機能を使うと、こんな感じに明暗差を広げる加工が可能なんです。凄いですよね、こんな機能あるのSnapseedくらいですよ(多分)

snapseed

凄くいい天気なのに、メチャ高い生垣で影になっているこの画像にSnapseedの「HDR風」を使うと、

snapseed

道が明るくなりました!

これがデフォルトの「風景」の「フィルタの強さ+50」です。

自撮りやポートレート写真など写っている人を綺麗に写したい場合は「人物」を選択すれば自然に加工できますし、加工の強弱も選択できます。

snapseed

フィルタの強さ」だけじゃなくて「明るさ」や「彩度」も変えられます。

snapseed

やりすぎると(南国かな?)って感じの写真になっちゃうのでご注意ください。

「グラマーグロー」は写真を柔らかくしてくれます

snapseed

これは「ディテール」機能に近いんですが、実際にどういう加工が行われているのかよく分からないので、早速画像を見比べてもらいたいと思います。

snapseed

これが加工前です。スノボに行った時に撮影した、リフトに乗っている時の写真で、無加工なので帽子とかの質感が現実的なんですが、

snapseed

一方こちらは「グラマーグロー」機能の、Snapseedが用意してくれているテンプレート「3」を使用した画像です。

どうでしょうか? 少しふわっとした印象に変わったと思います!

この様に、写真にメルヘンさや華やかさを追加できる機能が「グラマーグロー」です!

テンプレートは5つ用意されていますし、自分で微調整できるので、使ってみてください!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。