『かわいい』が生まれる場所。

曇っていても大丈夫!写真に自然光を加工でプラスできる方法をご紹介!

曇っていても大丈夫!写真に自然光を加工でプラスできる方法をご紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

こんにちは!オトです!

加工フィルターや、写真の明るさを変えるアプリがたくさんある中で今、自然光の光を加工でプラスできるアプリがあります!

いろんなシーンで使えるアプリなので、今回ご紹介していきたいと思います!

Lens Distoritions(レンズ ディストーション)

Lens Distortions

【Lens Distoritions】アプリでは、いろんな種類の光を加えて、柔らかい写真に加工できます☆

使い方ご紹介!

使い方はとても簡単です(^^)/

Lens Distortions

アプリを開いて加工したい写真を選択して、写真に入れたい光のスタンプを選ぶだけです!

Lens Distortions

スタンプを選んだら、光を入れたい位置や大きさを決めます!

Lens Distortions

そして右上のボタンをタップすると、カメラロールに保存されます!

簡単に柔らかさが写真にプラスされしました(*^-^*)

スタンプ全種類ご紹介!

Lens Distoritionsアプリは自然光だけじゃなく、雨や雪、いろんな種類のスタンプがあります!

自然光【Classic Light Hits・Principle Light Hits】

Lens Distortions

このスタンプは初めにご紹介した自然光のスタンプです!

光の形や色の種類が豊富なので、写真に合わせた色や形のスタンプを選べます☆

特殊な光【Luminary・Legacy】

自然光以外にも特殊な光のスタンプもあります!

このスタンプは夜の写真や、フラッッシュを使って撮影した写真にぴったりな光加工だと思います(*^-^*)

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。