『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの標準カメラの使い方、徹底解剖!!

iPhoneの標準カメラの使い方、徹底解剖!!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Contents[OPEN]

iPhoneカメラの基本その10「露出(明るさ)」を調節しよう!

実は前の項目「ピント・フォーカス」に凄く関係しているのですが、iPhoneのカメラは自動でピントを合わせてくれて、露出(画面の明るさ)も自動設定してくれています。

でも室内で人を撮るときなど、ちょっと暗すぎるなぁ…と思ったこともあると思います。そんな時は、ピントを合わせてから上にスワイプ!

iphone-camera

画像が少しずつ明るくなります!逆に下にスワイプすると暗くなります。好みの明るさに設定できるので、晴れと曇り、室内と野外などで露出が変わるので、是非活用してみて下さい。

iPhoneカメラの基本その11「バースト(連写)」機能の使い方を解説!

機能の使い方を解説!なんて書いてありますけど、使い方は簡単です。
シャッターボタンを長押しするだけ!
iphone-camera

シャッターボタンを長押しすると物凄いスピードでたくさんの写真を撮ってくれます。

iphone-camera

カメラロールでバースト写真を選ぶと、下部に「選択…」という項目があります。ここをタップすると、

iphone-camera

バースト写真の中で気に入った写真だけを取り出す事が出来ます。選び終えて「完了」をタップすると、選択した写真がバースト写真とは独立してカメラロールに保存されます!
動いているものを撮る時などはバーストでたくさん撮っておいて、あとでいい写真を選ぶ。というのがおすすめです!

デュアルレンズの特権「ポートレート」機能の使い方解説

ポートレート撮影というのは、簡単に言ってしまうと被写体にピントを合わせて背景をボカす撮影です。
こんな感じです。

iphone-camera

ワンちゃんはハッキリと写り、背景はぼやけています。
このように、この写真の”主役”はコレ!と主張できるのが「ポートレート」なのです!

ポートレートでの撮影には一定以上の距離が必要です

ポートレートモードにすると、カメラが2倍くらいの倍率で固定されます。そして、ある程度の距離を取らないと上手く撮れません。

iphone-camera

こんな感じで「離れてください。」って言われます。

何か、撫子に言われてるみたいで少し興奮しますね!

iphone-camera

ポートレート撮影が可能になると、画面上部の「被写界深度エフェクト」という部分が黄色くなります。そうしたら後はシャッターボタンを押すだけです!

「ポートレートカメラ機能」の使い方

上の関連記事はiPhone7 Plusの時の記事で、現在はiPhone8 PlusとiPhone Xでもポートレート機能が使えます。更にiPhone8 PlusとiPhone Xでは撮ったポートレート写真を更に美しくする「ポートレートライティング」が使えます。

もっとすごいのが、iPhone Xだと「セルフィーでポートレートモードが使える」という点ですね。未だにiPhone7 Plusを使っているので、新型iPhoneの発表を今か今かと待っています。

伝わりやすい写真が撮れる「スクエア」

縦横比が1:1の正方形写真が撮れる「スクエア」は、SNSのプロフィール画像などに使用しやすいです!

iphone-camera
通常サイズ

iphone-camera
「スクエア」

このくらい違います。
スナップ写真を撮る時に、何気なく「スクエア」でシャッターを押しても楽しいかもしれません

iphone-camera

口から水を吐き続けているお稲荷さんを何故かスクエアで撮っていたので置いておきますね。

普通に撮った写真も後から「スクエア」にできる!

普通に撮った写真を「スクエア」にしたり、角度を変えたりも出来ます!

iphone-camera

「カメラロール」から構図を変えたい写真を選んで、右上の「編集」をタップします。

iphone-camera

次に、下部にあるリサイズボタンをタップします。

iphone-camera

ここで右下のアイコンをタップすると、既定のサイズに調節出来ます!

iphone-camera

ここで「スクエア」をタップすれば写真は1:1に固定されて、写真の好きな位置を1:1に切り取ることが出来ます。

iphone-camera
「スクエア」

もちろんリサイズした後に元に戻すことも可能です。

iphone-camera

もう1度「カメラロール」から写真を選択して「編集」を押して、元に戻すをタップすればどんな加工をしていてもオリジナル写真に戻せます!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。