『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの標準カメラの使い方、徹底解剖!!

iPhoneの標準カメラの使い方、徹底解剖!!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

Contents[OPEN]

「カメラをロック」したら注意が必要!!

望遠レンズは2倍から使用できるますが、逆を言うと望遠レンズでロックされてしまうと1倍~1.9倍には戻れません。

このように、最小倍率が2倍になってしまいますのでご注意下さい!

また、広角レンズで2倍以上の倍率にするとクソ画質になるので、合わせてご注意下さい!


広角レンズ6倍


望遠レンズ6倍

どっちも同じ6倍なのに、広角レンズのほうが画質悪いですよね。
このようにカメラをロックすることにはデメリットもありますので、切り替え時のズレを無くすか、自由度を優先するかはアナタ次第です!

【iPhone標準カメラの小技】あまり知られていない機能の使い方解説!

ここからはiPhoneの標準カメラにある、意外と知られていない機能の使い方を解説していきたいと思います!

小技その1「設定を保持」これでいちいち設定しなくても大丈夫!

インスタグラマーの方には普通の「写真」機能より「スクエア」機能を使っている!という方もいると思います。
毎回毎回「スクエア」に変えてから撮影するのが面倒!と思っている人にオススメな機能が「設定を保持」です。



iPhoneの設定を開いて、「カメラ」→「設定を保持」の順にタップします。


「カメラモード」のスイッチをオンにしておくだけで、標準カメラアプリを起動したときに最後に使った設定を起動してくれます。
最後に使った機能が「スクエア」なら、次に起動した時も「スクエア」の状態で起動してくれます!!

同様に、「フィルタ」「Live Photos」も設定を保持出来ます!

小技その2「グリッド線」を追加して写真構図を整えよう!

写真を撮るときに、水平に撮ったり、被写体をキチンと中央にしたい!なんて構図を意識する人にオススメな機能が「グリッド」です!

スマホカメラ撮影術!【構図編】


上の画像の様に、カメラの画面に縦・横を3分割する線を入れてくれます!
グリッド機能の使い方は簡単!

iPhoneの設定を開いて、「カメラ」→「グリッド」のスイッチをオンにするだけです!
グリッド線があると撮影する時に色々と便利なので、使ってみてください!

小技その3「QRコードをスキャン」の使い方を解説

QRコードを読み取る時に専用のアプリを使っている人も多いと思いますが、実はiPhone標準カメラでも読み取れます。

使い方はiPhoneの設定を開いて、「カメラ」→「QRコードをスキャン」のスイッチをオンにすればOK!後はカメラでQRコードを写すと…

QRコードを読み取ってくれます!

小技その4「画質設定」動画の画質設定の方法を解説!

動画を撮りたいけど残りの容量が少ないから節約したい!!という時に便利な機能です。

設定の「カメラ」から「ビデオ撮影」をタップ

ビデオ撮影の画質を設定できます!

1分間撮影した時のサイズ

  • 720p HD/30 fps = 40MB
  • 1080p HD/30 fps = 60MB
  • 1080p HD/60 fps = 90MB
  • 4K/30 fps = 170MB

このようになっているので、自分のiPhoneに合った設定にしましょう!


同様にスローモーション撮影も変更できます!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。