logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【小豆島オリーブ公園】魔女の宅急便みたいな空中浮遊写真を撮る方法

【小豆島オリーブ公園】魔女の宅急便みたいな空中浮遊写真を撮る方法

こんにちは!ひなこです。

まるで外国の風車のある丘で、ほうきで空を飛んでいるようなこんな写真、インスタで見たことはありませんか?

小豆島オリーブ公園で撮影した魔女の宅急便風空中浮遊写真

これは小豆島にある小豆島オリーブ公園というスポットで撮影できます!

実際に行ってきたので行き方や撮り方のコツ、加工の仕方などをご紹介します。


小豆島オリーブ公園ってどこにあるの?

小豆島(しょうどしま)は香川県にある、瀬戸内海の島です。東京からだと国内線の飛行機で高松まで行き、そこからフェリーに乗るのが良いかと思います。

ギリシャ風車の丘がある「小豆島オリーブ公園」は、土庄(とのしょう)港から車で約20分です。

ADDRESS〒761-4434
香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1

すぐとなりに「オリーブ園」がありますが、これは別の施設なので間違えないようにご注意くださいね!

(「オリーブ園」も観光スポットとしては人気で、オリーブを使ったお土産・お食事・化粧品などを購入できます☻)

ほうきは無料でレンタルできる!

なんと、小豆島オリーブ公園では無料でレンタルできるほうきが用意されています!

小豆島オリーブ公園の中心にある「オリーブ記念館」で無料でレンタルできるので、訪ねてみてくださいね。

私が訪問したときは借りるための列ができており、20分くらい並びました…本数に限りがあるので、撮影は手早く済ませ、持ったまま買い物などはしないようにしましょう!次の人のために思いやりがもてると素敵ですよね。

また、ほうきは撮影用です。引きずって歩くと削れて傷んでしまうので、移動時はきちんと持ち上げるなど、大切に使いましょう!


飛んでいるような写真を撮るときのコツ

いざ写真を撮ろうとすると、意外と難しい!(笑)

何度もチャレンジして見出したコツは以下の3つです!

  1. ジャンプは膝を曲げて&真上にまっすぐ飛ぶ
  2. かけ声は「いっせーの」より「3、2、1」
  3. 写真は「バースト(連写)」で撮る

1. ジャンプは膝を曲げて&真上にまっすぐ飛ぶ

膝を曲げると、実際よりも高く飛んでいるように見えます!また、まっすぐ真上に飛ぶことで、滞空時間(空中に浮いている時間)が長くなるため、シャッターチャンスの時間が長くなります。

特に大人数で撮る場合は、真上に飛ぶことを意識するといいかもしれませんね。

2. かけ声は「いっせーの」より「3、2、1」

空を飛んでいるような写真を撮るためには、写る側・撮影する側の息をぴったり合わせる必要があります。そのためにはかけ声は必須!

タイミングを合わせるために、短い「いっせーの」より「3、2、1」のほうが合わせやすいように感じました。


1/3

この記事に関するキーワード