logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

[出品&購入編]すべてが無料じゃない!メルカリでかかる手数料を知ろう

[出品&購入編]すべてが無料じゃない!メルカリでかかる手数料を知ろう

メルカリはダウンロードから出品・購入までが無料でできる、人気No.1のフリマアプリ。とはいえ、出品・購入から先へ進むと手数料を支払う場面が出てきます。そこで、いつ・どんな手数料が発生するのかを熟知して、お得にメルカリライフを楽しむコツをご紹介します。

関連:メルカリ記事一覧


購入編:支払い手数料はどんなときにかかるの?

購入の流れの中で発生するのが「支払い手数料」。支払い方法は全部で8つありますが、そのうち5つに支払い手数料が発生します。

支払い手数料がかかる方法

  • コンビニ払い
  • ATM払い
  • ドコモ ケータイ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

支払い手数料がかからない方法

  • クレジットカード払い(※)
  • ポイント利用
  • 売上金利用


便利さをとるか、手数料をとるかの決断をする必要がありそうですね。

支払方法

※クレジットカード払いでの注意点
2016年8月から、クレジットカードでの分割払いが可能になりました(PC版は非対応)。支払額が3,000円以上の場合、2回~最大24回払いが可能に。ただし、分割回数は利用するクレジットカード会社によるので、事前のチェックが必要です。

また、分割払いでの手数料は、支払回数やカード会社により別途かかることがあります。 メルカリでは手数料¥0なのに、結局カードの手数料がかかってしまった…とならないよう注意しましょう。

出品編:どんな手数料がかかるの?

出品者にかかる手数料は大きく分けて2つ。それぞれ発生するタイミングと、お得にするポイントを見てみましょう。

商品が売れたらかかる!「販売手数料」

出品時に販売価格を記入すると、自動的に「販売手数料10%」が差し引かれます。出品自体に手数料はかからないけれど、実際に売れたら手数料を差し引いた利益だけが残るよ、という考え方。

例えば……

500円の販売価格をつける
     ↓
商品が売れ、手数料10%分の金額(50円)が差し引かれる
     ↓
利益の450円が売上として計上される


となります。

それで、利益金額が半端な数字にならないように、手数料を上乗せした「555円」や「777円」などのぞろ目商品が多いんですね。

販売手数料

この手数料は金額や商品問わず、必ず発生するものなので、お得にする方法は残念ながらなし。あらかじめ差し引かれることを注意して、販売価格を設定しましょう。

1/2

この記事に関するキーワード