logo_hatebu logo_line

『かわいい』が生まれる場所。

【インスタ新機能】クリエイターが作ったエフェクトをストーリーで気軽に使える「Spark AR」が楽しい!

【インスタ新機能】クリエイターが作ったエフェクトをストーリーで気軽に使える「Spark AR」が楽しい!

Instagram(インスタ)のストーリーに新機能が追加されました。

クリエイターが作成したエフェクトやフィルターを気軽に使える「Spark AR」機能です!

今回はそんな新機能の使い方、ストーリーで使えそうなかわいいエフェクトやフィルターをご紹介します。

初心者さんにおすすめ♡インスタにあるフィルター全40種を徹底比較!

インスタストーリー新機能「Spark AR」

Spark AR」はクリエイターがAR(拡張現実)カメラエフェクトを作成し、インスタストーリー上で公開できる機能のことです。

今までは限られたクリエイターにのみ提供されていましたが、今後は誰でもARカメラエフェクトを作成し、コミュニティに公開できるようになります。

クリエイターの作ったエフェクトをストーリーで使う方法

エフェクトを検索して使う方法

まず、いつものようにストーリーの画面を立ち上げ、エフェクトが表示されている部分を1番右までスライドします。

そうすると、『エフェクトをチェック』のアイコンが出てくるのでコチラをタップしてください。

クリエイターの作成したARエフェクトやフィルターが一覧で表示されるので、きになるものをタップしましょう。

※表示順はランダムで変わるので、気になるフィルターがあったらとりあえず保存しておくことをオススメします。

画面右下のマークをタップし、エフェクトやフィルターを保存します。

これで、クリエイターが作成したエフェクトやフィルターを、自分のストーリーで使用可能です。

他の人のストーリーから追加する方法

他の人のストーリーを見ていてかわいいエフェクトを見つけたら、そのストーリーからエフェクトを自分のストーリー画面に追加できます。

他の人のストーリーの閲覧画面で右上のエフェクト名の部分をタップします。

「使ってみる」を選択するとすぐに自分のストーリーの撮影画面に移動するので、そのまま撮影してください。(撮影後は自身のストーリー画面に追加されます。)

「エフェクトを保存」をタップすると、自分のストーリーのエフェクト選択画面に追加されます。その場では撮影せず、後で使いたい場合はこちらを選択しましょう。

他の人のプロフィール画面から追加する方法

エフェクトを作成して提供しているユーザーのプロフィール画面にはエフェクトが表示されています。

右から2番目の顔のマークのアイコンをタップします。

使用イメージの画面に移動するので、左下の「試す」をタップすると使えます。

1/3