『かわいい』が生まれる場所。

【Adobe Lightroom】最近話題の最強加工アプリの使い方を徹底解説!これ一つで何でもできちゃう

【Adobe Lightroom】最近話題の最強加工アプリの使い方を徹底解説!これ一つで何でもできちゃう

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

ライト【Lightroomの使い方】

ここを押すと

このようなものが出ます!

こちらでは、写真の明るさに関する調整ができます。

カーブ

その中でも気になったのがこちらの『カーブ』機能。

カーブは右上のマークを押すことで出すことができます!

この機能は、写真の色味を調整できる機能です!!

バー次第で青っぽくなったり赤っぽくなったり…!!かわいいですね♥

カーブ以外にも『露光量』『コントラスト』『ハイライト』『シャドウ』『白レベル』『黒レベル』があり、調節して加工できます!

基本バーを下げると暗め加工に、上げると白加工に近づきますよ!

カラー【Lightroomの使い方】

この機能では、色温度や彩度を調整できます。

色温度


バーを上げた状態


バーを下げた状態

ほうほう、暖色寒色ってことですかね?バーを上げると暖色っぽく、バーを下げると寒色っぽく変化します。

カラーというだけあってすごい色味が強くなる(笑)

色かぶり補正


バーを上げた状態


バーを下げた状態

紫と緑や(笑)

写真が特定の色に偏っていることを「色かぶり」というそうです。緑や紫に写真の色が偏ってしまったときには、こちらの機能を使って調整してみてくださいね!

自然な彩度


バーを上げた状態


バーを下げた状態

まぁここまではいい。彩度が鮮やかになるかの違いね?うん。理解理解。

でも問題は次よ…。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。