『かわいい』が生まれる場所。

PRISMAを使って流行りのスマホケースを作ってみた!バーコード、youth loser、音楽プレーヤーなど絶対可愛いデザインの作り方を紹介♥

PRISMAを使って流行りのスマホケースを作ってみた!バーコード、youth loser、音楽プレーヤーなど絶対可愛いデザインの作り方を紹介♥


オリジナル・youth loserスマホケースの作り方【PRISMA】

インスタでよく見るこの数字!

これはyouth loser(ユースルーザー)というお店のマークなんです!!シンプルなデザインで使いやすいと話題のお店。

次はこのマークを使ったオリジナルスマホケースの作り方を紹介します♥

手順①youth looser風のマークを作る【PRISMA】

今回は「写真に文字入れ:Text on Photo」というアプリを使います。

まず白一色の画像をアルバムに保存しておいて、選びます。

文字追加を押して数字を入れます。youth loserのマークの数字は1997ですが、1998や1999など自分の生まれた年にしてもいいと思います!

次にyouth loserに近いフォントを選びます。AvenirNext-Boldなどが近いフォントだと思います!!

サイズを大きくして保存します。

これを背景透過をして素材の準備完了です!

手順②PRISMAでyouth loser風の文字を貼り付ける【PRISMA】

先ほどのバーコードと同様に、PRISMAを開いてyouth loser風の文字を貼り付けます。

「文字」で二重線をプラスし、上下に秋っぽいバーバリーを入れてお洒落な感じにしました!!

オリジナル・youth loserスマホケースの完成品【PRISMA】

そうして送られてきた完成品は、こちらです!

シンプルでお洒落♥こちらもいい感じに出来上がりました!

音楽プレイヤー風スマホケースの作り方【PRISMA】

このような音楽プレイヤー風デザインも流行っています!このデザインはテンプレートがありますが、表示されている音楽の名前が変えられないので、今回は音楽名まで変えられる方法をご紹介します!!

手順①音楽プレイヤー風のフレームを保存する【PRISMA】

まず「ミュージックプレイヤー フレーム 加工」などで検索して、「プリ画像」のサイトを開きます

するとたくさんの素材が表示されるので、好きなものを選択して保存してください。

すでに背景透過されているものもあるので、それを保存するのがおすすめです。されていないものを選んだ場合は、先ほどと同じ手順で背景透過してください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。