『かわいい』が生まれる場所。

インスタの姉妹アプリ「Threads(スレッズ)」は、3秒で友達に写真が送れたり、メッセージでコミュニケーションができるアプリでした♥

インスタの姉妹アプリ「Threads(スレッズ)」は、3秒で友達に写真が送れたり、メッセージでコミュニケーションができるアプリでした♥

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

ホームカメラの使いかた【Threads】

それでは使いかたを説明していきます。

このアイコンはすべてシャッターボタンになっています。

撮りたいものが決まったら、それを送りたい友達のアイコンを押してシャッターを切ります。

すると写真が撮影され、この写真を上方向にスワイプすると、InstagramのDMで送信される仕組みになっています。

アイコンを長押しすることで動画にすることもできます。

インスタストーリーでおなじみのペンも使えます!

ただし、ステッカーなどの機能はないようなので、本当に簡単な加工のみできると考えてください。

送信する際に、「1回表示」「リプレイ」「チャットに保存」が選べます。

1回表示」または「リプレイ」で送信すると、このように表示され、「写真を見る」をタップすると、ストーリーのように写真や動画が流れます。

「1回表示」にするとそれ以上は見られなくなり、「リプレイ」は2回再生すると見られなくなります(「チャットに保存」にすると、普通の動画像として送信されます)。

なんだか特別感があっていいですね!

ステータス【Threads】

Threadsは他にも、「今ひまだよー」とか「移動中」だとか、自分の状況を知らせる機能があります。

設定から「ステータス」をタップしてください。

このように、ステータスの一覧が表示されます。

これを設定しておくとこのように、Threads上であなたの状態を友達がチェックできるようになります。

ステータスはカスタマイズも可能【Threads】

「+」を押せば、オリジナルのステータスも作れます。

アイコンも好きな絵文字を設定できます。自分の生活サイクルに合わせて色々なステータスを作ってみてください。

自動ステータス【Threads】

入った建物や移動の有無などの情報を使って、「カフェにいます」「移動中です」などのステータスを自動で切り替えてくれる「自動ステータス」という機能もあります。

しかし、位置情報の読み取りを許可しないといけないうえに、いつでもどこでも見張られている感じがしそうで個人的にはあまりおすすめできません…(建物の名前などの詳細までは表示されないのですが)。

斬新な機能ではあるので、気になる人は一度試してみてもいいかもしれません。

Threadsでよりスムーズなフォトコミュニケーションを!

個人的におすすめしたいのはやはり、「ホームカメラ」機能です!

これまでは写真を撮って、メッセージアプリを起動して、送信先を選択して…としていたものが、Threadsを使えば一瞬でできてしまいます!

みなさんもぜひ、Threadsを使ってみてください♥

あめ

この記事のライターあめ
1回みたら二度と見られないとか、好きなひとへの告白とかに使ったら面白そうですね♥

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。