『かわいい』が生まれる場所。

iTunesが重いときの対処法は?iTunesをサクサク動かす方法を解説!

iTunesが重いときの対処法は?iTunesをサクサク動かす方法を解説!

PCでiTunesのアイコンをクリックすると、画面が固まりマウスを動かしても反応がない。なんてことはありませんか?

起動するたびに毎回フリーズすると、「またか……」と内心イライラしてしまいますよね。

とはいっても、原因がわからなくては対処することもできません。

そこで今回の記事では、iTunesが重くなる原因や対処法について詳しく解説します。

iTunesをサクサク動かすには「なぜ遅くなるのか」を知って、正しく対処しなくてはいけません。

ただ、対処する方法は簡単ですし、この記事を読みながらでも試すことができますよ。

iTunesを快適な環境で使いたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

iTunesが重い時に起こる現象

iTunesが重い時には、

  • 曲の読み込みが遅い
  • iTunesの起動に時間がかかる
  • iTunesが動かなくなる(フリーズする)

といった現象が起きます。

まずは、それぞの特徴を紹介しますね。

同じ症状がないか確認してみてください。

曲の読み込みが遅い

iTunesが重いと曲の読み込みが遅く、満足に聴けないことがあります。

Wi-Fi環境にいるのに、曲が再生されなかったり途中で止まったりするとストレスを感じますよね。

曲の読み込みが遅くて楽曲を満足に楽しめない状態は、iTunesが重いといえますよ。

iTunesの起動に時間がかかる

iTunesを起動するのに時間がかかるケースがあります。

PCのスペックによって起動までの時間は異なりますが、ひどい場合は30分〜1時間かかるユーザーもいます。

新しい楽曲を取り入れたくても、iTunesが起動しなくては元も子もありません。

iTunesの起動が遅い状態は、アプリの動きが重たい証拠ですね。

iTunesが動かなくなる(フリーズする)

ときどきiTunesがフリーズして、どこを触っても動かなくなってしまうケースがあります。

Macでもフリーズしますますが、Windowsの方が頻繁に動かなくなることが確認されていますね。

操作の途中で動かなくなる(フリーズする)と、楽曲をもう一度入れ直す必要があるかもしれません。

iTunesを満足に操作できない状態は、アプリの動きが重たいといえます。

では、なぜiTunesの動きは重くなってしまうのでしょうか?

iTunesが重い・遅い時の原因

iTunesの動作が重い・遅い時の原因は、主に

  • iTunes側(Apple側)
  • 通信環境(iTunes以外)
  • 通信機器(PC側)

の問題であることが考えられます。

iTunes側(Apple側)の問題とは、iTunes自体に何かしらの問題があり、アプリを使えない状態になっていることです。

この場合、iTunes側(Apple側)が問題を解決しない限り、利用できません。

なにかしらの対策があるまで待ちましょう。

一方、通信環境(iTunes以外)や通信機器(PC側)の問題とは、インストールした別のアプリが邪魔をしていたりデバイス自体のメモリが足りなかったりすることが考えられます。

そのため、まずは通信環境(iTunes以外)や通信機器(PC側)に問題がないかをチェックしなくてはいけません。

そこで、iTunesの動きを軽くする方法について、次で解説します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。