『かわいい』が生まれる場所。

LINEで動画が送れない6つの理由とは?原因別の対処法を詳しく解説!

LINEで動画が送れない6つの理由とは?原因別の対処法を詳しく解説!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

プライバシー設定が許可されていない

ト

LINEで動画を送るためには、プライバシー設定を許可する必要があります。

プライバシー設定が許可されていないと、動画はもちろん画像なども送ることができません。

よって、「画像は送れるけど動画は送れない」という場合には、別の原因となります。

プライバシー設定は、アプリの「設定」から変更することができますよ。設定方法については、後から詳しく解説しますね。

LINE、またはデバイスの状態が最新ではない

LINEのバージョンが最新の状態になっていない場合、エラーが出ることがあります。

「App Store」からアップデートできますので、こまめにチェックして常に最新の状態にしておきましょう。

また、iPhoneやAndroidなどのデバイス自体が最新ではない可能性もあります。

デバイスのバージョンも最新の状態にアップデートしましょう。

LINEで動画が送れないときの対処法《LINE編》

動画が送れないときの対処法には、

  • ファイル形式を変える
  • 動画を短くカットする
  • 動画サイズを圧縮する
  • ネットワーク環境を変える
  • LINEを再起動する
  • プライバシー設定を許可する
  • 「ノート」機能を使う

などが有効です。それぞれチェックしてみましょう。

ファイル形式を変える

ファイル形式を変えるには、別のサービスを使いましょう。

今回は、簡単にファイル形式が変えられる「Online Video Converter」というサイトを利用します。

まずは「Online Video Converter」にアクセスして「動画ファイルを変換」を選択します。

ト

「ファイルを選ぶ」をクリックします。

ト

送信したい動画を選んで、次の画面で「選択」をクリックします。

ト

「ファイルの変換を準備中」と表示されたらしばらく待ちます。

ト

フォーマットを選びましょう。「mp4」を選択して「スタート」をクリックします。

ト

「ダウンロードする」をクリックします。

ト

これで動画ファイルを「mp4」に変更できました!

動画を短くカットする

送る動画をカットして短くしましょう。

動画のカットはLINEアプリ内でできるので、新しいアプリを用意する必要はありませんよ。

まずはLINEのトークルームで送信したい動画を選択します。すると編集画面が開かれます。

画面右上のハサミマークをタップします。

ト

バーをスワイプして切り取りたい場面を編集します。

ト

紙飛行機ボタン(送信ボタン)を押します。

ト

これで操作は完了です。

ト

動画サイズを圧縮する

動画を圧縮するには、別のサービスを使います。

動画圧縮アプリもさまざまなものが出ていますので、すでに使っているアプリを使用しても構いません。

今回は「MovieCompressor」を使います。

まず、「MovieCompressor」を開きます。

ト

「ファイルを選択する」をタップします。

ト

送りたい動画を選択し、「圧縮する」をタップします。

ト

圧縮が完了するまでしばらく待ちます。

ト

これで操作は完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。