『かわいい』が生まれる場所。

LINEで動画が送れない6つの理由とは?原因別の対処法を詳しく解説!

LINEで動画が送れない6つの理由とは?原因別の対処法を詳しく解説!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

クラウドを使うメリット

クラウドを使うメリットは、動画を短くカットする必要がなくなる点と高画質のまま相手に届けられる点です。

動画の圧縮には別のアプリが必要だったので、ストレージの節約にもなりますね。

また、画質を変えずに相手に送ることで、動画の内容をより正確に伝えることができるでしょう。

Dropboxを使って動画を送る方法

今回は「Dropbox」を使って動画を送る方法を紹介します。

動画のリンクを共有する方法であり、相手は「Dropbox」を持っていなくても大丈夫なんですよ。

送信したいファイルの右にある「・・・」マークをタップします。

ト

 

「リンクをコピー」をタップします。

ト

 

「LINE」をタップします。(メールでも可能です)

ト

 

送信したい相手を選択します。

ト

 

DropboxのリンクがLINEのトークルームから送られます。

ト

 

これで動画を共有することができました!

動画を共有して楽しもう!

ト

 
この記事では、LINEで動画が送れない原因や解決方法について解説しました。

LINEで動画が送れない原因は、主に

  • 送信できないファイル形式を使っている
  • 動画の長さが5分以上ある
  • 容量が大きすぎる
  • ネットワーク回線が遅い
  • プライバシー設定が許可されていない
  • LINE、またはデバイスの状態が最新ではない

といった6つの要素が関連していると思われます。

原因を洗い出して、必要な処置をしてみてくださいね。

LINEで動画を送れないトラブルを解決して、より快適な動画共有を目指しましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。