『かわいい』が生まれる場所。

Androidユーザー必見!スマホアプリをSDカードに移動する方法

Androidユーザー必見!スマホアプリをSDカードに移動する方法

Androidスマホでたくさんのアプリを入れると、ストレージ(データ容量)がすぐにいっぱいになってしまいませんか?

Androidスマホを長く愛用していると、思い出の写真やアプリデータがたまってしまいますよね。すると、ストレージに空きがなくなってスマホの動きが悪くなったり、不具合や故障の原因になる可能性が上がったりします。

データ容量のせいで、必要なアプリがインストールできないことも…

これらのトラブルをなくすためにも、定期的にストレージ(データ容量)を確認してデータをSDカードに移動しましょう!

そこで今回の記事では、スマホアプリのデータをSDカードに移動する方法について紹介します!日頃からスマホのストレージ(データ容量)に悩まされている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

AndroidアプリデータをSDカードに移すメリット

1台のAndroidスマホを長く愛用したり、旅行やイベントなどで写真をたくさん撮ったりすると、ストレージ(データ容量)がすぐにいっぱいになってしまいますよね。Androidスマホのデータ容量を確保するためには、データをどこかに移動する必要があります。

データを移動する方法はいくつかありますが、中でも、最も身近でわかりやすく、利用している人が多いのがSDカードです。そもそもSDカードとは、スマホに保存できるデータ量を増やすためのカード型の媒体で、「外部ストレージ」とも呼ばれています。

本体に挿入できるSDカードは1枚ですが、入れ替えれば何枚でも使うことが可能です!お手頃な価格で買えますし、無限にスマホの容量を増やせる利便性の高いアイテムといえますね。

そんなSDカードにスマホアプリのデータを移動するメリットは、

  • Android単体より多くのストレージが使える
  • SDカードは誰でも簡単に手に入りやすい
  • SDカードが使えるのはAndroidスマホだけ!

です。まずは、それぞれ詳しく解説しますね!

Android単体より多くのストレージが使える

SDカードにスマホデータを移動すると、本体のストレージ(データ容量)の空きを確保できます!

Androidスマホは、「メモリ」というリソースを使って動いています。メモリはスマホ本体のストレージ容量にも関係していて、いっぱいになると画面がカクカクして動きが重くなってしまうことがあります。SDカードにデータを移動して空き容量を確保することで、正常に動きやすくなることがあるのです。

スマホ本体のストレージ(データ容量)は空きを持たせて、快適な状態にしておくことを心がけましょう!

SDカードは誰でも簡単に手に入りやすい

SDカードは、身近な電気量販店やネットショップでも販売されているので、誰でも簡単に手に入りやすいです。安いSDカードは500円ほどで32GBまで保存できますし、128GBでも2,000円ほどで買えますよ。

新しい端末はそうでないこともありますが、Androidはスマホ本体のストレージ(データ容量)が小さい製品が多いです。SDカードならすぐに手に入るので、たくさんのデータを保存できますね!

SDカードが使えるのはAndroidスマホだけ!

スマホでSDカードが使えるのは、Androidだけなんです!

iPhoneの場合、ストレージ容量が一杯になったら、データを削除しなくてはいけません。思い出の写真や長年遊んだアプリのデータを消すのには、勇気がいりますよね。

Androidの場合は、SDカードを挿入できるので、データを移動したり保存したりが簡単にできます。したがって、ストレージ(データ容量)を節約できますし、調節もしやすいですよ!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。