『かわいい』が生まれる場所。

iPadでもSMSは使える?設定方法を画像付きで紹介!

iPadでもSMSは使える?設定方法を画像付きで紹介!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

iPadでSMSを使用するための設定

iPad

出典https://unsplash.com/

早速、iPadでSMSを使用するための設定方法を紹介します!iPhoneを持っていて、SIMカードを挿入済み、かつアクティベートが完了していれば、iPadでもSMSの送受信が可能です!

iPad単体のみを持っている人は、iMessageの設定方法を実践して、Appleユーザー同士でメッセージの送受信を楽しんで下さい!

iPhoneとiPadを連携してiPadでSMSを送受信する方法

ここでは、iPhoneとiPadを連携してiPadでSMSを送受信する方法を紹介します!下記の条件をクリアできる人のみ設定できるので、確認していきましょう!

  • iOS 8以降のiPhone/iPadを所有している
  • iPhoneとiPadのApple IDが同じメールアドレスになっている

Apple IDの変更方法

iPhoneとiPadを所有していても、同じApple IDでログインしておかなければSMSとiMessage両方の機能が利用できません!ここでは、Apple IDの変更方法を紹介していくので、事前に同じApple IDを設定しておきましょう!

iPhoneの「設定」を開いて、リスト最上部にある「Apple ID」をタップします。

Apple IDの変更1

「Apple ID」の画面を下方向にスクロールして「サインアウト」を選択しましょう!

Apple IDの変更2

Apple IDのパスワード入力画面が表示されるので、「パスワード」を入力して「オフにする」をタップしてください。

Apple IDの変更3

「iPhoneに残しますか?」という画面が表示されます。Apple IDと連携してiCloudが「Safari」「カレンダー」「キーチェーン」「連絡先」を保存しています。一度Apple IDをサインアウトすると、iCloudにあるデータとiPhoneが切り離されてしまいます。

データをiPhoneに保存しておきたい場合は、必要なアプリにチェックを入れて「サインアウト」をタップしましょう!

あとは同じ手順で、iPhone/iPad両方で同じApple IDを設定すれば準備完了です!「設定」から「iPadにサインイン」「iPhoneからサインイン」をタップしてログインを進めましょう!

Apple IDの変更3

iPadとiPhone、両方同じApple IDでログインすると、どちらかのデバイスにApple ID確認コードが送信されます。「許可する」をタップすると6桁のパスワードが表示されるので、新たにApple IDでログインしたデバイスに入力しましょう!

Apple IDの変更2

AppleIDの変更方法おさらい

  1. 「設定」を開いて、リスト最上部にある「Apple ID」をタップ
  2. 「サインアウト」をタップしてパスワードを入力
  3. 「iPhoneに残しますか?」の項目で必要なデータをダウンロード
  4. 設定画面に戻って「iPadにサインイン」または「iPhoneにサインイン」を選択
  5. iPhone/iPad両方同じApple IDでログインする

iPhoneとiPadでSMS転送を設定する

同じApple IDをそれぞれのデバイスに設定したら、iPhone側で設定を進めていきます。iPhoneの「設定」を開いて「メッセージ」を選択しましょう!

SMS転送を設定

メッセージアプリのメニュー一覧から「SMS/MMS転送」をタップします。

SMS転送を設定

同じApple IDでログインしているデバイス一覧が表示されます。リストの中にiPadの名前があるので、スイッチをオンに切り替えれば設定完了です!

SMS転送を設定

画面のリスト上にiPad名前がなければ、iPad側で設定が必要です。iPadを起動して「設定」を開きましょう!メニュー一覧から「メッセージ」を選択してください。

SMS転送を設定

メッセージメニュー一覧の最上部にある「iMessage」のスイッチをオンに切り替えてください。この状態で、再度iPhoneをチェックしましょう!「SMS/MMS転送」画面にiPadの名前が表示されるので、スイッチをオンに切り替えて有効化してください。

SMS転送の設定方法おさらい

  1. iPhoneの「設定」を開いて「メッセージ」を選択
  2. 「SMS/MMS転送」をタップ
  3. リストの中にあるiPadの名前を探して、スイッチをオンに切り替えれば設定完了
  4. iPadの名前がiPhoneに表示されない場合はiPadの「設定」を起動
  5. 「メッセージ」>「iMessage」でスイッチをオン

iPadでiMessageを設定する方法

iPad単体で持っている人は、前にも述べた通りiMessageしか利用できません!これからiPadの購入を考えている人で、SIMカードが挿入できるセルラー対応のiPadでも同じなので、注意しましょう!

iPad単体でiMessageを利用するための設定方法は下記の通りです。

iPadを起動して「設定」をタップしてください。

>iPadでiMessageを設定1

メニュー一覧から「メッセージ」を選択して、「iMessage」のスイッチを有効にしましょう!以上の手順で、iPadのiMessageが有効になります。iPhoneやiPad、Macユーザーと簡単にメッセージ交換やファイル交換ができるので活用してみましょうね!

>iPadでiMessageを設定2

iPadとiPhoneがあればSMSとiMassage両方が使える!iPad単体の場合は要注意しよう!

iPad

出典:https://unsplash.com/

iPadのiMessageの使い方や、SMSを使うための設定方法を紹介しました!重要なポイントは、iPad単体、またセルラータイプのiPadでは、Appleデバイス以外にSMSが送信できないという点です!

これからiPadのセルラータイプを購入して、SMSや電話機能を使いたいという人は十分に注意しましょう!

SIMカード挿入済み、かつ電話番号を保有しているiPhoneがあれば、iPadとApple IDで連携することで、Apple以外のデバイスにSMS送信が可能です!注意点をしっかりと確認して、iPadでiMessageやSMSを利用していきましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。