『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの2ファクタ認証とは?確認コードを取得する方法も紹介!

iPhoneの2ファクタ認証とは?確認コードを取得する方法も紹介!

iPhoneなどAppleの製品を使っている方なら誰でも持っているIDといえば、「Apple ID」ですよね。

通常はIDやパスワードが流出することはありませんが、何かしらのきっかけで流出してしまうこともあります。

そして何もセキュリティの対策をしていない場合、第三者でもIDとパスワードがあれば簡単にログインできてしまいます。

1度ログインができると有料のアプリや音楽を購入できてしまうので、いつの間にか課金されていたり個人の情報が漏れてしまったりというトラブルにもなりかねません。

Apple IDとパスワードが流出してしまったら…と考えただけでも怖いですよね。

そこで、役に立つのが今回ご紹介する「2ファクタ認証」というセキュリティです。

この「2ファクタ認証」を活用して、普段使用しているApple IDやパスワード、登録しているデータなどを守りましょう!

それでは「2ファクタ認証」について設定の仕方などくわしくご紹介します。

iPhoneの「2ファクタ認証」とは?

「2ファクタ認証」とはAppleがおすすめしているセキュリティシステムの1つです。

似た名前の〈2ステップ確認〉というセキュリティシステムもありますが、「2ファクタ認証」の方がより強力に作用してくれます。

ここでは〈2ステップ確認〉との違いや、「2ファクタ認証」を詳しく解説します!

2ファクタ認証はセキュリティが強力

「2ファクタ認証」とは、ログインしようとしているのは誰なのか2重でチェックをして、第三者からのログインを防ぐ強力なセキュリティシステムです。  

最近は、銀行のホームページやグーグルでの本人の確認にも似たようなシステムが使われています。

そうは言ってもあまりイメージが浮かばないですよね。

例えば、第三者があなたのApple IDとパスワードで不法にログインをしようとしたときに、何も対策をしていなければ簡単にログインされてしまいます。

しかし「2ファクタ認証」を使っていれば、こういう風にログインしようとすると必ず”6ケタの確認コード”の入力を求められます。

そしてその”確認コード”を入力しなければ、先には進めない仕組みになっているのです。

コードは事前に”6ケタの確認コード”を端末や電話番号で受け取れるように登録するので、第三者が知ることはできなくなっています。

“6ケタの確認コード”は100万通りの組み合わせがあり、さらに一定の時間しか使えないので、そう簡単には破られません。

自分がログインしようとしていた場合には、問題なく進むことができますが、第三者には”確認コード”は届かないので、第三者からの不法にログインを防ぐことができるのです。

このように「2ファクタ認証」はとても役に立ちます。

「2ファクタ認証」と〈2ステップ確認〉の大きな違いとは?

どちらも2重で本人かどうかチェックをする仕組みとなっていますが、2つの大きな違いは以下の通りです。

  • 受信する”確認コード”の桁数
  • 対応しているiPhoneのソフトウェアのバージョン
  • 登録できる端末の種類

受信する”確認コード”の桁数

2ファクタ認証 6ケタの数字の組み合わせ
2ステップ確認 4ケタの数字の組み合わせ

対応しているiPhoneのソフトウェアのバージョン

2ファクタ認証 iOSのバージョンが”9以上“で利用可能
2ステップ確認 iOSのバージョンが”9より前のもの“で利用可能

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。