『かわいい』が生まれる場所。

LINEで送られてきた動画が見れない!エラーが出る原因と対処法は?

LINEで送られてきた動画が見れない!エラーが出る原因と対処法は?

スマートフォンを持っている人なら誰しもインストールしているアプリ「LINE」。友人や恋人との会話だけでなく写真や動画も共有出来て非常に便利なアプリですよね。そんなLINEで楽しい動画を共有したいし、送られてきたらすぐにでも見たいものです。

ですがいざ送られてきた動画を見ようとしたら、中々読み込みが進まず最終的には「エラーになって動画を再生できない」「保存できない」なんて現象が起きたことはありませんか?

確かに写真と比べて容量が重い動画は開くのに多少の時間がかかるものですが、それにしても遅い。なんて感じたことがある人もいるでしょう。

なので今回の記事では、LINEで動画を受信したときにエラーがでる原因とその対処法についてご紹介していきます。このトラブルによく遭遇してしまう方は是非読んでみてくださいね。

「LINE」のその他の記事

LINEの動画が見れない原因

初めに、LINEで動画が見られない原因についてご説明していきます。LINEにて動画が見られないエラーが起こる主な理由として以下の原因が挙げられます。

  1. 保存期限が終了している
  2. 通信環境が悪い
  3. 通信制限になっている
  4. LINEのバージョンが古い
  5. 容量不足
  6. ファイルの形式が違う
  7. LINE側の不具合

日常的にスマートフォンを使用しているとこのようなことが起きるものです。では1つずつ詳しく見ていきましょう。

保存期限が終了している

ト

始めにLINEで送られてきた動画の中でよくある再生できない理由が、保存期限が終了しているため、再生できないということです。

LINEトークにて送られた動画や写真には保存期限というものがあります。これはLINE側にてプライバシーなどを守るための規定とされています。

以前までは2週間前後とある程度期間が明確になっていましたが、現在はその期間が非公表となっています。したがって2週間というのは目安の期間という認識が正しいです。

それ以降に開こうとした場合は動画を開けない可能性があります。

通信環境が悪い

スマートフォンあるあるとも言える通信環境問題は、LINEの動画の読み込みだけでなくスマートフォンの性能を著しく下げます。

地下や電波を遮断する建物内にいると、電波が届きにくくなり通信速度が不安定になります。この状況で読み込みを行うと当然時間がかかり、場合によっては再生できない、もしくはエラー表示がでてしまいます。

また、公共のフリーWi-Fiも通信速度があまり良くないため、自分のスマートフォンが接続されていると読み込みに時間がかかるものです。

自分のスマートフォンのWi-Fiがonになっていると、街中を歩いている時など公共のWi-Fiを受信して勝手に接続してしまう場合があります。

通信制限になっている

ト

キャリア契約のスマートフォンですと1か月の通信容量が決まっています。契約時の通信量を超えると通信制限にかかってしまうので、LINEの動画読み込みもスピードが格段に下がってしまいます。

通信制限にかかると電波状況が悪い時よりも通信速度が遅くなる場合もあり、場所を変えてもその速度は変わらないので動画の読み込みができず、エラーになってしまう可能性が高くなります。

LINEのバージョンが古い

これは意外と知られていませんが、LINEのアップデートを行っていないと最新版ではないため動画の読み込みができないことがあります。

通常スマートフォンではアプリの更新を自動で行うか手動で行うかを選ぶことができます。これが手動になっているとバージョンがいつまでも更新されず古いままの状態になったままです。

この状態で使用し続けると、LINEの動画を読み込めなくなるだけでなく、新しい機能なども使えないままになったりウイルスに感染するといったことも考えられます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。