『かわいい』が生まれる場所。

LINEで送られてきた動画が見れない!エラーが出る原因と対処法は?

LINEで送られてきた動画が見れない!エラーが出る原因と対処法は?

期限が過ぎたものは再度送りなおしてもらう

ト

LINEの写真や動画ファイルはアプリ上の規定で約2週間ほどで見ることができなくなってしまいます。ですので、保存期限が終了してしまったものはトーク相手に再度ファイルを送りなおしてもらいましょう。

LINEのバージョンを最新にする

LINEアプリのバージョンが古いと「アップデートしてください」という通知がくるのでアプリを最新のバージョンに更新しましょう。

スマートフォンのアプリは手動と自動があり、これが手動になっているとアプリが更新されないままの状態になります。

iPhoneの場合のアップデートの更新手段ですが、始めに「Apple Store」アイコンをタップします。

ト

次に右上に人のマークがありますので、そちらをタップします。

ト

下にアプリのアップデート状況が表示され、アップデートされていないアプリは右側に「アップデート」と表示されていますのでそちらをタップします。

ト

タップするとアプリのアップデートが始まるのでこれで完了になります。

ト

LINEの動画が見れないときの対処法《ネットワークに問題がある場合》

次はスマートフォンの通信環境に問題がある場合の解決策についてご紹介していきます。アプリはほとんどがネットを必要とするため、通信環境はアプリに大きな影響を与えます。ネットが不安定になると動画の読み込み時にエラーがでたり再生できないことがありますので、1つずつ解決していきましょう。

Wi-Fiを利用する

ト

通信環境は特に大きな問題なので、4G回線の場合は通信環境が良い場所に移動しましょう。また、Wi-Fiに接続するのも有効な手段なので、家にいる時などはWi-Fiを利用するようにしましょう。

ただし原因の項目でも説明した通り、公共のフリーWi-Fiはいろいろな人が接続しているので通信速度があまりよくありません。

フリーのWi-Fiでなく、コンビニやカフェなどで提携しているWi-Fiはしっかりと通信ができる回線なのでそちらを利用しましょう。

また、4G回線においてはスマートフォン側で電波を受信しなくなる時もあります。その時は一旦、本体の再起動をかけてみましょう。再起動することによって電波を受信し始めますので試してみてください。

Wi-Fiを切って再接続する

時々Wi-Fiの電波が飛ばなくなり、接続できない可能性があります。そういう時はWi-Fiの接続を一旦切って、再接続してみましょう。一旦切ることで通信が安定する場合があります。

Wi-Fiの帯域を変える

自宅にWi-Fiを置いてある人で写真のように2種類あるのを見たことはありませんか?

ト

写真のように語尾に2Gと5Gとなっており、それ以外のSSIDは一緒になっているものです。この2Gと5Gで通信の安定さが変わってきますので、場所によって使い分けるようにしましょう。

まず、2Gは2,4GHz帯域という無線の帯域を表しています。特徴として、いろいろな製品で使用されているので他と混線しやすく、電波が不安定になりやすいです。ですので、当然スマートフォンの通信速度も不安定になりやすくなります。

しかし、壁や床などの障害物に強く、通信の範囲は比較的広めになりますので、多少離れていても通信を行うことができます。

5Gは壁や床などの障害物に通信が妨害されやすく電波の届く範囲が狭いものの、ルーター以外で使用されることが少ないので、通信の範囲が届けば他の電波に干渉されにくく、しかも2Gより通信速度は早めです。

したがって、ルーターから離れた場所で通信を行っている時は2Gの帯域を選択し、ルーターの近くにいる場合は5Gを選択といったことを活用すれば通信が安定して行えるようになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。