『かわいい』が生まれる場所。

Twitterで通報/報告する方法を解説!通報/報告したら相手にはバレる?

Twitterで通報/報告する方法を解説!通報/報告したら相手にはバレる?

悪質なTwitter(ツイッター)ユーザーに困っている人はいませんか?本記事では、Twitterの悪質ユーザーに対抗する方法である「通報/報告」の方法を詳しく紹介していきます!

「Twitterで通報するのはいいけど、少し怖い…」という人も安心してください!Twitter(ツイッター)で特定のユーザーを通報しても、通報者であるあなたの身元情報がバレることはありません!

Twitter(ツイッター)の通報/報告方法をマスターして、Twitter(ツイッター)の迷惑ユーザーに対処していきましょう!

この記事で分かる事

  1. Twitter(ツイッター)の通報/報告方法
  2. Twitter(ツイッター)の通報による身バレの危険性
  3. Twitter(ツイッター)で通報したユーザーの処分内容

Twitter(ツイッター)の通報(報告)とは?

まずは、Twitterで通報(報告)する前に通報とはどういったものなのか、またどういった状況で使うべきなのかを紹介していきます。

Twitterの通報(報告)の内容をしっかりと理解しておかなければ、自分が他のTwitterユーザーから通報(報告)されてしまうこともあるので十分に注意しましょう。

Twitter(ツイッター)の通報って何?

Twitterの通報(報告)は、匿名で不正Twitterユーザーを運営側に通告する役目を持っている機能です。Twitter上のユーザーが、下記の行為を行っている際は、通報(報告)機能を利用して、安全にTwitterを利用できるようにするためのものです。

POINT

  1. 「スパム目的」でTwitterを利用している
  2. 「攻撃的なツイートをしている」
  3. 「有害なコンテンツをツイートしている」
  4. 「他人のなりすまし」でTwitterを利用している
  5. 「著作権・商標権」を侵害している
  6. 「規約違反ツイート」をリツイートして拡散している

上記の項目はTwitterの利用規約に違反するので、Twitterへ通報(報告)を行うとTwitter運営側が対処してくれます。

Twitterの通報(報告)内容は4つのパターンがあるので、違反行為を見つけたらどの項目で通報(報告)すればよいのか確認しておきましょう。

「内容に興味がない」

Twitterの報告「内容に興味がない」

「内容に興味がない」という項目で通報(報告)すると、似たツイートがTwitter上に表示されなくなります。この選択肢は違反行為の通報(報告)以外にも、Twitterを快適に利用するためのものなので活用してみましょう!

「不審な内容またはスパムです」

通報・報告画面

「不審な内容またはスパムです」は、特定のTwitterアカウントが不審なツイートをしていたり、「スパム」と呼ばれる悪質なサイトへ誘導させるツイートを見つけた際に選択する通報(報告)項目です。

「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」

通報・報告画面

「不適切または攻撃的な内容を含んでいる」は、特定のTwitterアカウントが他ユーザーを攻撃する目的でツイートしていたり、特定の団体や個人を危険に晒すツイートを見つけた際に選択する通報(報告)項目です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。