『かわいい』が生まれる場所。

タブレットの必要性とは?タブレットのメリット&正しい使い道を解説

タブレットの必要性とは?タブレットのメリット&正しい使い道を解説

大きい画面が見やすいタブレットですが、すでにスマホやパソコンを持っていると必要なのかどうか悩んでしまいますよね。

タブレットには、どんなメリットとデメリットがあるのかをご紹介していきます。

また、タブレットの正しい使い道を解説していきますので、タブレットが必要かどうか悩んでいる方やタブレットを使いこなせていない方は、ぜひ参考にしてくださいね。

タブレットの必要性とは?《メリット編》

タブレット写真
出典:Pixabay

スマホやパソコンの中間として位置づけられるタブレットですが、タブレットを持つことでどんなメリットが得られるのでしょうか?

まずは、タブレットのメリットを見ていきましょう。

スマホより画面が大きい

スマホと比べると画面が大きいことがメリットとしてあげられます。

写真や動画などを大きな画面で見られるので、スマホでは得られない迫力があります。

スマホだと見落としてしまいそうな小さなことにも気付けるかもしれません。

また、スマホで動画を見るときは、画面の近くにいないと小さすぎてよく見えませんよね。

画面が大きいタブレットなら、ある程度の距離をとっても見えるので、何か作業しながらでも楽しむことができます。

何かしながら動画を楽しみたい方には、タブレットの方が動画を楽しめるでしょう。

持ち運びに便利

タブレットのサイズはメーカーによって異なりますが、7~13インチほどのサイズなので、A4サイズが入るカバンであれば簡単に持ち運びできる大きさです。

外出するときにも持ち運びしやすい大きさなので、旅行などの移動時間にも見られますよね。

通勤・通学の電車の中でもタブレットなら、カバンに入れて持ち運びできるのでとても便利です。

最近では、軽量化が進んでおり、7インチのタブレットは250g前後で販売されています。

iPhone11(6.1インチ)の重量は194gなので、スマホとあまり変わらない感覚で持つことができますよね。

大きい13インチのタブレットはだいたい800g前後ほどです。

パソコンのMacBook Air(13.3インチ)は1.25㎏なので、大きさや重さではパソコンよりもタブレットの方が持ち運びしやすいですね。

スマホより大きな画面で見たいけど、カバンを重くしたくない方にはタブレットの必要性が高いといえます。

起動が早い

パソコンだと立ち上げるのに時間がかかりますよね。

パソコンのプログラムの更新などがあると、起動する前に更新作業をしなければならず、なかなか使えないこともあります。

最近は、そこまで時間をかけずに起動することができるパソコンもありますが、タブレットの起動の速さには勝てません。

タブレットはスマホと変わらない速さで起動できるので、ストレスになりません。

すぐに調べたいことなどがある場合は、パソコンよりも起動が早いタブレットが必要となりますね。

起動に時間をかけるのがもったいないと感じる方にとっては、タブレットの必要性が高いといえます。

パソコン版のサイトが見やすい

スマホでパソコン版のサイトを見てみると、サイトの表示がとても小さく困ったことはありませんか?

パソコン用のサイトを無理やりスマホの画面に収めることになるので、スマホだとパソコン版のサイトが見えづらく、タップしたいところも小さいので不便です。

タップしたと思ったら、隣にあるリンクをタップしてしまうこともあります。

拡大して作業することも可能ですが、いちいち拡大しなければならず、手間になってしまいますよね。

タブレットでパソコン版のサイトを見ると、パソコンの画面と変わらない大きさで見ることができるので、ストレスなく操作できます。

また、パソコン表示の画面をタッチパネルのようにタッチして操作できるので、マウスでの操作をしなくてすみます。

スマホでパソコン版のサイトを操作するのが大変だったり、パソコンのマウス操作が面倒だと感じたりする方にとっては、パソコンよりもタブレットの方が便利で必要性が高いといえるでしょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。