『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneで「PDP認証に失敗しました」と表示された時の対処法!

iPhoneで「PDP認証に失敗しました」と表示された時の対処法!

この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。
最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

格安SIMの「PDP認証に失敗しました」を解消する方法

新しく購入した格安SIMでPDP認証エラーが出る場合は、iPhoneにAPN構成プロファイルをインストールすれば解決します。

既にお使いのiPhoneでiOSアップデート後にエラーが出た場合は、古いプロファイルを削除した後に、最新のものをインストールしましょう。

どちらもそれほど難しくないので安心してくださいね!それぞれのやり方を詳しく紹介します。

APN構成プロファイルをダウンロードする方法

APN構成プロファイルをダウンロードするためには、インターネットに接続する必要があります。まずはWi-Fiが利用できる場所に行き、お使いのiPhoneでインターネットが使えるようにしましょう。

また、格安SIMの会社によっては申し込んだ時期や利用する回線別に、複数のAPN構成プロファイルが用意されています。ダウンロードするプロファイルを間違えないように、あらかじめ契約時にもらったメールや書類を手元に用意しておくと安心です。

準備ができたらiPhoneのホーム画面からSafariを起動します。

ホーム画面

契約した会社のホームページにアクセスし、正しいAPN構成プロファイルをダウンロードしましょう。写真は楽天モバイルのダウンロードページです。

rakuten

ダウンロードの許可を求められたら「許可」をタップしてください。ダウンロードが始まります。

許可

ダウンロードが完了したらSafariを閉じ、ホーム画面の「設定」を開きます。

設定

「一般」→「プロファイル」とタップしていくとインストール画面になるので、右上の「インストール」をタップしてください。

iPhoneのパスコードを入力し、画面の指示に従ってンストールを完了させたら、Wi-Fiの接続を切ります。もう一度Safariを開いてインターネットに接続できたらOKです。

うまくいかない場合は、ダウンロードしたプロファイルが間違っているかもしれないので、よく確かめてくださいね。間違っていたら一度削除して正しいプロファイルをダウンロードしてみましょう。

間違っていない場合は「iPhoneのネットワーク設定をリセットする方法」に進んでください。

不要なAPN構成プロファイルを削除するには

次に不要なAPN構成プロファイルを削除する方法を説明します。

Wi-Fiに接続後、ホーム画面の「設定」を開き、「一般」→「プロファイル」とタップして削除したい構成プロファイルを選びます。

プロファイル

「プロファイルを削除」をタップするとパスコード入力画面になるので、入力して削除を完了させましょう。

プロファイル削除

APN構成プロファイルを更新する方法

APN構成プロファイル更新の手順は、基本的には新規ダウンロードと同じです。古いプロファイルを削除した後、最新のプロファイルをインストールします。

この場合も、必ずWi-Fiが使える環境で行ってくださいね。更新が完了したら、Wi-Fiを切ってきちんとつながるかどうかを必ず確認しましょう。

iPhoneのネットワーク設定をリセットする方法

APN構成プロファイルが正常なのにPDP認証エラーが出てしまう場合は、ネットワーク設定のリセットで解消する可能性があります。

docomo・au・SoftBankユーザーの方も、PDP認証エラーが出た時はこちらの方法をお試しください。

「設定」→「一般」と進み、画面の下の方にある「リセット」をタップします。

リセット

次に「ネットワーク設定をリセット」をタップして、パスコードを入力すればリセット完了です。

ネットワークリセット

ネットワーク設定をリセットする前にやっておきたいこと

ネットワーク設定をリセットすると、iPhoneに設定済みのすべての接続情報が消えます。Wi-Fiのパスワードなども設定しなおす必要があるので、少し面倒かもしれません。

接続に関する情報を手元に置いてから始めると、すぐに再設定できて便利ですよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。