『かわいい』が生まれる場所。

【Googleマップの履歴の削除方法】検索履歴やタイムラインの消し方も

【Googleマップの履歴の削除方法】検索履歴やタイムラインの消し方も

Googleマップには目的地を検索した時の検索ワードや、端末を持ってどこかに行った時の位置情報などを履歴として残す機能が搭載されています。また、Googleアカウントでログインをした状態にしておくと、スマホでの検索履歴や移動履歴などの情報を、パソコン上でそのアカウントでログインすれば、全て閲覧できてしまうのです。

正直なところ、自分がいつどこにいたのかを人に知られたくない方も多いはず。この記事ではGoogleマップに関する履歴の削除方法をまとめました。具体的には以下の情報を削除する方法を紹介しています。

POINT

  • 検索履歴
  • タイムライン
  • アクティビティ無効の設定
  • ロケーション履歴の一時停止

必要に応じて使い分け、思わぬ形で自分の行動が人に知られてしまうのを防ぎましょう。


Googleマップの検索履歴を削除する方法

Googleマップで行きたい場所を検索しようとすると、検索窓に検索履歴が表示されます。特にGoogleマップは友人や恋人と一緒にいる時に手軽に検索機能をつかってしまうため、意図していなくても他人の目に入ってしまいやすい部分です。そこで、まずはGoogleマップの検索履歴を削除する方法を紹介します。

アプリ

Googleマップはスマホのアプリと、パソコンのブラウザの2種類の方法で使用できます。まずアプリでの検索履歴削除方法について紹介します。アプリを開いたら、右上のアカウントボタンを選択しましょう。

メニューを開く

するとGoogleマップのメニューが表示されるので、「設定」をタップします。

設定

設定画面の中から「マップの履歴」を選びましょう。

マップの履歴

すると今まで検索した履歴が一覧表示されました。削除したい検索履歴にあるメニューボタンをタップしてください。

メニュー画面

すると「詳細」「削除」の2つの選択肢が提示されました。ここで削除をタップすれば該当の検索履歴が削除されます。

削除を選ぶ

ブラウザ

続いてパソコンのブラウザでグーグルマップを利用した場合の検索履歴削除方法です。検索窓の横にあるメニューボタンをクリックします。

メニューを開く

するとメニューが表示されるので、下の方にある「マップのアクティビティ」を選択してください。

マップのアクティビティ

マップのアクティビティ画面が表示されました。下にスクロールすると検索履歴の一覧が表示されます。ここで該当する検索履歴のメニューボタンから削除をクリックすれば、検索履歴の削除が完了です。

削除を選ぶ

一括削除する方法

履歴が多いと1つずつ削除するのが大変。そこで一括削除の手順も覚えておきましょう。基本的な手順はブラウザもアプリも同じなので、今回はブラウザの一括削除を紹介します。メニューボタンからマップのアクティビティを開いたら、画面左にある「アクティビティを削除する基準」をクリックしてください。

アクティビティメニュー

するとマップアクティビティ(検索履歴)を削除する範囲を聞かれます。全て削除していいのであれば「全期間」を選択しましょう。

全期間を選ぶ

削除する前に、削除する検索履歴の一覧が再度表示されます。問題なければ「削除」をクリックしてください。

削除を選択

削除が完了しました。「OK」をクリックして画面を閉じましょう。

削除完了画面

Googleマップを利用するたびに検索履歴が蓄積されていくので、以上の手順でこまめに削除しておくといいですね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。