スマホで見つける、もっと可愛い私

【Googleマップの履歴の削除方法】検索履歴やタイムラインの消し方も

【Googleマップの履歴の削除方法】検索履歴やタイムラインの消し方も

この記事は公開日から1年以上が経過しています。

「アクティビティ」を無効にする

アクティビティとは、Googleアカウントに紐づいているアプリで検索した内容が、他の端末やアプリでも閲覧できる機能です。例えばGoogleアカウントにログインした状態でスマホアプリ版Googleマップで検索をした場合、パソコンで同じGoogleアカウントにログインするとスマホアプリで検索した内容を見られます。

もし第三者に見られたくない場合は、「アクティビティ」を無効に設定しておけばOKです。まずGoogleマップのメニューから「マップのアクティビティ」を開きましょう。

アクティビティメニュー

続いて左のメニューから「アクティビティ管理」を選びます。

マップのアクティビティ画面

ここではGoogleアカウントに保存されるデータについて設定ができます。「ウェブとアプリのアクティビティ」をクリックするとオン・オフが切り替えできるので、オフに設定しておきましょう。

ウェブとアプリのアクティビティ

「ロケーション履歴」を一時停止する

ロケーション履歴とは、Googleサービスを使用していない時にも、端末を持って訪れた場所が保存される機能です。つまり、スマホをポケットに入れて持ち歩くだけで、訪れた場所に関する情報を残せます。基本的には有効になっているので、ロケーション履歴を残したくない時は一時停止をしておきましょう。

Googleマップ左のメニューから「マップのアクティビティ」を選択します。

アクティビティメニュー

続いて、「アクティビティ管理」をクリック。

アクティビティ管理画面

画面を下にスクロールすると「ロケーション履歴」の設定画面が表示されます。クリックすることでオン・オフが切り替えられるので、気になる場合はオフに設定しておきましょう。

ロケーション履歴の設定

Googleマップの履歴情報を上手に管理しよう!

Googleマップにおけるあらゆる履歴の削除方法を紹介しました。自分がいつどこに行ったのかを人に知られるのはあまりいい気分ではないですよね。もしマップに関する履歴を削除するのであれば、検索履歴だけでなくタイムラインの履歴もあわせて削除しておきましょう。

また、Googleマップで履歴を残さないために、以下の対策も効果的です。

POINT

  • アカウントなしでGoogleマップを使う
  • アクティビティを無効にしておく
  • ロケーション履歴を一時停止する

行動履歴の削除と聞くと、中には「浮気しているの?」等の疑いの目を向けられてしまうこともありますよね。でも実際は誰にも知られたくない趣味の場所へ行ったことを隠したかったり、仕事後に少し時間があったから遊びに行ったことを隠したいなど、さまざまな状況があるはず。

今回紹介した内容を参考に、履歴の削除やそもそも履歴を残さない方法を覚えておき、Googleマップの履歴情報管理を上手に行ってくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。