『かわいい』が生まれる場所。

Twitterのミュートとは!ミュートしたら/されたら通知はどうなる?

Twitterのミュートとは!ミュートしたら/されたら通知はどうなる?

Twitterを長く利用していると、ツイートが多すぎてタイムラインが追えなくなる時ってありますよね。

また、あまり目にしたくないツイートがタイムラインに流れてくることも。

そんな時にぜひ活用してほしいのが「ミュート」という機能です。そこで今回は、Twitterのミュート機能について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Twitterのミュートとは?

Twitterには「ミュート」という機能が実装されていますが、具体的にミュートとはどのような機能なのか、ブロック機能とはどう違うのかについて説明していきます。

そもそもミュートって何?

そもそも「ミュート」とは、設定したアカウントのツイートをタイムラインに表示させなくしたり、プッシュ通知やメール通知が届かないようにする機能のことです。

ちなみに、Twitterでは、

  • アカウントをミュートにする
  • 指定したキーワードをミュートにする
  • 会話をミュートにする

といった3つの設定が可能となっています。

ブロックとの違いは?

Twitterでは、ミュート機能以外にも、特定のアカウントのツイートをタイムラインに表示しないようにできる「ブロック機能」がありますが、そもそもこの2つの機能には具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

まず、特定のアカウントをブロックした場合は、

  • 強制的にフォロー解除されフォローできなくなる
  • DMの送受信ができなくなる
  • リプライが表示されなくなる
  • 自分のプロフィールやツイートを閲覧できなくなる
  • リストに追加できなくなる
  • 検索しても相手のアカウントが表示されなくなる

などの制限がかかり、ブロックしている間は1対1でコミュニケーションをとれなくなります。

なお、ブロックされたことは相手側に通知されないものの、相手があなたのプロフィールにアクセスすると、「ブロックされています」と表示されるので、ブロックされているかどうかの確認が可能です。

一方、特定のアカウントをミュートにした場合は、ミュートにした相手のツイートやリプライ、リツイートがタイムラインや検索結果に表示されなくなったり、プッシュ通知やメール通知が届かなくなります。

しかし、ブロックとは違って、強制フォロー解除やDMの送受信不可、リスト追加やフォロー不可などの制約がかかることは一切ありません。

なので、「相手をブロックするまででもないけれど、ツイートがウザイからタイムラインに表示させたくない…」「リア友だからブロックすると関係が険悪になりそう…」という時に便利な機能ですよ。

ミュートされたら通知は来る?

自分のアカウントが誰かにミュートされた時、「ミュートされました」と通知が来るのか疑問に思っている人も多いでしょう。

結論から言うと、ミュートされてもそのような通知が来ることはありません。

ブロックの場合だと、ブロックされた相手にプロフィールに「ブロックされています」と表示されて、自分がブロックされているかどうか確認できますが、ミュートは表示されません。

つまり、自分がミュートされているかどうか確認できる方法は一切ないのです。

なので、誰かに自分のツイートをミュートにされていると分かって落ち込むこともありませんし、逆にミュートにした相手に通知が届いてしまい、相手との関係が険悪になるのでは…と心配する必要もありませんよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。