『かわいい』が生まれる場所。

【インスタライブ】どんな機能?見方/配信/保存方法など徹底解説!

【インスタライブ】どんな機能?見方/配信/保存方法など徹底解説!

Contents[OPEN]

インスタライブの見方《応用編》

続いて、配信動画を視聴する時の応用的な操作方法をいくつかご紹介していきます。

ライブを保存する【インスタライブの見方】

Instagramには、自分が配信したライブ動画を保存する機能は付いているのですが、他人が配信したライブ動画を保存する機能は付いていません。

しかし、iPhoneの場合はiOS 11から新しく追加された「画面収録」機能、AndroidやPCの場合は画面を録画できるアプリを使うことで動画を保存できます。

ここでは、iPhoneの「画面収録」を使って、動画を保存する方法をご紹介していきますね。

「画面収録」を使ってライブを保存する方法【インスタライブの見方】

iPhoneの「画面収録」を使って動画を保存するためには、iOS11以降にアップデートして、コントロールセンターに「画面収録」を追加しておく必要があるので、まずはiOS 11以降にアップデートされているかチェックしておきましょう。

iOS 11以降にアップデートされていることを確かめた後は、コントロールセンターに「画面収録」を追加する必要があるので、下記の手順で操作を行って下さい。

「設定」アプリを起動したら、「コントロールセンター」をタップします。

「画面収録」を使ってライブを保存する方法

次に、「コントロールをカスタマイズ」をタップしましょう。

「画面収録」を使ってライブを保存する方法

そしたら、「画面収録」の左横にある「+」ボタンをタップして下さい。

「画面収録」を使ってライブを保存する方法

これで、コントロールセンターに「画面収録」のアイコンが追加されます。

コントロールセンターに「画面収録」を追加した後は、実際にこの機能を使って動画を録画してみましょう。

「画面収録」で録画する方法

  1. まず、画面を下から上へスワイプし、コントロールセンターを開きます。
  2. 次に、「画面収録」のアイコンをタップしましょう。
  3. すると、3秒のカウントダウンが終わった後に録画が始まるので、画面上部が赤くなったら視聴画面を開いて下さい。
  4. 視聴が終わったら、再びコントロールセンターを開いて「画面収録」のアイコンをタップします。

これで配信動画をiPhoneに保存することができます。

録画したデータは「写真」アプリに保存されているので、正常に録画できているかチェックしてみて下さい。

※画面収録をする場合は、配信者が保存を許可しているかどうか確認してからにしましょう。

インスタライブをシェアする

視聴しているインスタライブを他の人にも見せたいと思ったら、その動インスタライブを他の人にシェアすることができます。

ただ、配信者が鍵アカの場合、シェアできる人は配信者のフォロワーに限られるので注意して下さい。

具体的な操作方法についてですが、まず画面右下にある紙飛行機のようなアイコンをタップしましょう。

すると、送信先の人が一覧表示されるので、シェアしたい人にチェックを入れ、画面下の「送信」をタップすれば動画をシェアできます。

インスタライブの配信通知を受け取る

自分の好きな有名人が動画の配信を始めた時、できるだけ早く配信を視聴したいと思いますよね。

そんな時には、インスタライブの配信通知をオンに設定しておきましょう。

そうすれば、インスタライブの配信が始まった時、スマホに通知が届くので配信を見逃さずに済みます。

通知を受け取りたい時は、以下の手順で操作を行って下さい。

インスタライブの配信通知を受け取る方法

Instagramのアプリを開き、自分のプロフィール画面を表示したら、画面右上にある三本線のアイコンをタップします。

通知を受け取る方法

一番上に表示されている、「設定」をタップしましょう。

通知を受け取る方法

設定画面を開いたら、「お知らせ」をタップして下さい。

通知を受け取る方法

「ライブとIGTV」をタップします。

通知を受け取る方法

「ライブ動画」の「オン」にチェックを入れれば、スマホに通知が届くようになります。

通知を受け取る方法

参加リクエストを送る

動画見ている最中に、配信者に対して参加リクエストを送り、それを相手が許可すれば、配信者と一緒に動画配信を行うことができます。

具体的な操作方法についてですが、まず配信中の画面に表示される「リクエスト」をタップし、次の画面で「リクエストを送信」をタップして下さい。

参加リクエストを送る

すると参加リクエストが送られるので、それを相手が承認したら、「カメラへのアクセスを許可」「マイクへのアクセスを許可」を許可しましょう。

カメラとマイクを許可すれば、画面が2分割されて動画配信が始まります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。