『かわいい』が生まれる場所。

【インスタライブ】どんな機能?見方/配信/保存方法など徹底解説!

【インスタライブ】どんな機能?見方/配信/保存方法など徹底解説!

Contents[OPEN]

インスタライブの配信方法《基本編》

インスタライブは視聴するだけではなく、他の人に向けて動画を配信することも可能です。

ここからは動画を配信する方法について解説していきます。

インスタライブ配信のやり方

動画を配信したい時には、まずInstagramのアプリを起動させ、フィード画面を開きましょう。

フィード画面を開くと、画面左上に「ストーリーズ」と書かれたアイコンがあると思いますが、それをタップすると、配信画面が表示されます。

ライブ配信のやり方

ですが、このままの状態だと動画は配信できないので、画面下に表示されている「通常」を「ライブ」に切り替えて下さい。

ライブ配信のやり方

すると、インスタライブの配信モードに切り替わるので、配信ボタンをタップすれば3秒のカウントダウン後に配信がスタートします。

ライブ配信のやり方

カメラの切り替え

スマホにはアウトカメラとインカメラの2種類あると思いますが、配信中にアウトカメラとインカメラの切り替えを行うこともできます。

カメラの切り替え方ですが、画面右下の反時計回りの矢印マークをタップするだけで簡単に切り替えられます。

インスタライブ公開範囲設定

配信した動画は原則全ての人に公開されますが、配信前に公開範囲設定をしておけば、視聴できる人に制限をかけて公開することも可能です。

ただ、公開範囲が設定できるのは、自分のアカウントをフォローしている人に限られます。

公開範囲を設定するには、インスタライブの配信画面を表示させた後、画面左上にある歯車アイコンをタップして下さい。

公開範囲設定

歯車アイコンをタップすると、「ストーリーズコントロール」の画面が表示されるので、一番上に表示されている「ストーリーズを表示しない人」をタップしましょう。

公開範囲設定

すると、フォロワーが一覧で表示されるので、ここで自分のライブ配信を見せたくない人を指定して下さい。

インスタライブでウェーブを送る

ウェーブとは配信者だけが送れるもので、ウェーブを送ると配信者のアイコンと共に手を振っているような絵文字が表示されます。

一見ウェーブは「バイバイ=さようなら」と言われているような気がしてしまいますが、実は「こんにちは」といった挨拶の意味が込められています。

動画の視聴者が多い場合、一人ひとりに声をかけるのは難しい時もありますから、その代わりにウェーブを活用することができます。

ウェーブの送り方は至って簡単で、視聴者がくるとコメント欄に「〇〇さんが視聴し始めました」という文章と一緒にウェーブのボタンも表示されるので、それをタップするだけでOK。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。