『かわいい』が生まれる場所。

iTunesでアプリ管理ができない原因とは?便利な代替えアプリも紹介

iTunesでアプリ管理ができない原因とは?便利な代替えアプリも紹介

今までiTunesを開くと「アプリ」のメニューがあったのに、いつの間にか消えてしまって困っている…という方はいらっしゃいませんか?AppleがiTunesの仕様を変更し、iTunesでアプリ管理ができなくなったのは、2018年のこと。

大規模アップデートでiTunesの仕様が大幅に変更になり、iTunesですべてバックアップをしていた人にとって大きなニュースになりました。音楽や写真は今までと同様にiTunesでバックアップできるので、意外にまだ知らない人もいるようです。そこで今回は、iTunesでアプリ管理ができない原因として、おすすめのアプリ管理法を紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

「iPhone」の記事一覧

iTunesからアプリを管理できないのはなぜ?

iTunesアプリで、あるときからアプリの管理ができなくなりました。これはAppleの大幅アップデートが原因です。今までは音楽や写真の管理とともにアプリ管理もできていたのですが、今はiTunesを開いても「アプリ」がなくなっています。突然のことなので、機種変更などでアプリデータをバックアップしようとしてびっくりした人もきっといるのではないかと思います。

しかしこれはAppleが音楽・写真・アプリの機能を分散し、それぞれをより使いやすい仕様にしたためです。現在のiTunesの機能は音楽・写真の管理をよりシンプルにできるようになっており、Mac OSでは2019年のCatalina(カタリナ)以降iTunesがFinderへと変更、よりパワフルなアップデートが行われています。

バージョン12.7以降からアプリ管理機能が消える

さてiTunesからアプリ管理が消えたのは2018年のことですが、具体的にはバージョン12.7がリリースされてからです。そのためまだアップデートをしていなくてバージョン12.7より前のバージョンを使っている人は、今もiTunesからアプリ管理できるはずです。

iTunes画面

ちなみにバージョン12.7移行にアップデートしている人のiTunesはこの画像のようになっているはずです。「アプリ」のところが消えていますよね。バージョン12.7より前のバージョンでは左のところ、「概要」直下に「アプリ」が入っていたはずです。今ではミュージックが「概要」のすぐ下に来ています。旧バージョンではiTunesでアプリ管理や着信音も管理できていました。

アプリ管理はApp Storeで行う

ではiTunesからアプリ管理が消えてしまったあと、アプリ管理は一体どこですればよいのでしょうか?答えは簡単、App Storeから行います。App Storeではダウンロード、削除、アップデートという操作が簡単に行えます。わざわざバックアップを取ることもないので、とても簡単。

つまりiTunesを使わなくても自動的にアップデートできるようになっているので、iTunesを起動する必要がそもそもないのです。そのためiTunesでアプリ管理ができなくなっていることに気づかない人も実は多いようなのです。

またアプリ管理と同時にデバイスのバックアップを取りたい場合はiCloudを使うとよいでしょう。以前とは仕様が違うので戸惑う人はいるかもしれませんが、iTunesをわざわざ開く必要がなくなりデバイスだけで完結することになったので、より操作がシンプルになり使いやすくなっていることは事実です。

iTunesでアプリを管理できないときの裏技

確かにiTunesでアプリを管理できなくなってもそんなに不便なことはありません。しかしデバイスではなく、PCでアプリ管理したい人にはやはりiTunesのようにアプリ管理できるソフトが欲しいと感じる人もいるかもしれません。そこでこの項ではPCでアプリ管理する裏技を紹介していきます。今困っている人は、ぜひ試してみてください。

iTunesの旧バージョン「iTunes12.6.5」をダウンロード

iTunesでアプリ管理ができなくなったといいましたが、実はまだiTunesでもアプリ管理ができる方法があります。それは旧バージョンのiTunesを使う方法です。前項でも以前のバージョンのiTunesを使っている人なら、まだiTunes上でアプリ管理ができると少しふれました。

そしてiTunesをアップデートしてしまった人でも、Appleでは旧バージョンのiTunesをダウンロードすることができるのです。旧バージョンといっても、これはAppleがアップデートのあと企業向けにリリースしたもの。もちろん個人でもダウンロードできるので気になる方は試してみると良いでしょう。

iTunesダウンロード

バージョン12.6.5は日本語サイトではみつからないのですが、USサイトの『Deploy apps in a business environment with iTunes』では、Mac版、PC 32bit版、PC 64bit版の「iTunes 12.6.5」へのリンクがあるのでここからインストールしてみましょう。英語なので分かりづらいですが、画像を見ながら同じところをクリックすれば自動的にダウンロードできるので意外に簡単!英語アレルギーの人でも画像通りすればよいだけなので安心してください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。