『かわいい』が生まれる場所。

iTunesでアプリ管理ができない原因とは?便利な代替えアプリも紹介

iTunesでアプリ管理ができない原因とは?便利な代替えアプリも紹介

ipaファイルでアプリをiPhoneに転送する方法

前項で見つかったipaファイルをiPhone端末に転送するには、ライトニングケーブルでPCとiPhone端末を接続してから始めます。接続出来たらiTunesを開いてください。開いておいたエクスプローラーのipaファイルはあとでドラッグ&ドロップするのでそのまま置いておいてください。

ipaファイル復元

iTunesを開くと接続しているiPhoneが表示されるはずです。まずはそのiPhoneアイコンをクリックしましょう。

ipaファイル復元

左側に「自分のデバイス上」と表示されるところがあるので、ここに先ほど表示したエクスプローラーのipaファイルの中から復元したいものを選んでドラッグ&ドロップしましょう。するとデバイス上(iPhone)に元のアプリが復元されます。

簡単ですよね。これで旧バージョンのアプリや配信停止されたアプリをiPhoneに復元することができます。ただし覚えておいていただきたいのが、アプリ開発会社は常にアプリのセキュリティやシステムエラーを改善するためにアップデートを繰り返しているということ。

今まで慣れていないせいで使い慣れないと新バージョンに不満を持つかもしれませんが、古いアプリはやはりセキュリティの面からすると脆弱です。ipaファイルを使って旧バージョンのアプリを復元する場合は、そこを念頭に置いて自己責任で楽しんでくださいね。

iTunes以外の方法でアプリを管理してみよう!

いかがでしたか?今回はiTunesがバージョンアップしたことに伴い、アプリ管理機能がiTunesから消えてしまった件について…iTunes以外でアプリ管理する方法などを紹介してきました。基本的にはデバイスのAPP Storeでアプリ管理はできるものの、PCの方がやはり操作が便利ということもあります。どちらもある意味一長一短なのですが、PCでアプリ管理をしたい人はぜひ今回紹介した方法を試してみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。