『かわいい』が生まれる場所。

【Android】Googleカレンダーのウィジェットの基本的な使い方を紹介!

【Android】Googleカレンダーのウィジェットの基本的な使い方を紹介!

Androidスマホに搭載されている「ウィジェット」の機能をあなたは使っているでしょうか。

天気やニュースなど、すぐに知りたい情報をいちいちアプリを起動しなくても、ホーム画面で確認できるのでとても便利な機能です。

その中でも、今回はGoogleカレンダーに注目しました!

Googleカレンダーをホーム画面に設置して有効に活用する方法や、不具合が出たときの解消法も紹介していきます。

Googleカレンダーのウィジェットの使い方

ト

日々のスケジュールをあなたはどのように管理していますか?

今も手帳派!という方もいるでしょうが、今やスケジュール管理はスマホのカレンダーに書き込むのが主流になっています。

スマホのカレンダーを使えば、いつでも手軽に予定の「追加」「変更」「削除」ができます。ここが手帳で管理するよりも圧倒的に簡単なので、WEBやアプリでスケジュールを管理する人が増えた要因でもあるでしょう。

Googleカレンダーを既に使っているという方も、いちいちアプリを起動させて画面を開いていませんか?カレンダーウィジェットを使えば「アプリを開く」という作業をスキップすることができます。

ではこれから、「ウィジェット」を使って、面倒なスケジュール管理を、簡単でミスや漏れがないようにする方法を紹介します!

ウィジェットの配置

ウィジェットの設置方法はとても簡単です。

まず、ホーム画面の何もないところを長押し。「ウィジェット」をタップします。

TOP

カレンダーの種類を選びます。

左のタイプは縦にスライドさせて、その日や数日間の予定を見るのに適しています。こちらのタイプでも予定を入れておけば、先の方までスライドして見ることができます。

右のタイプは、1か月の予定が一気に見られる月間カレンダーです。数日だけではなく、その月の自分の行動の流れを確認したい場合は、こちらが見やすいです。

ご自身に合ったタイプを選んでください。

カレンダー2種

カレンダーを選んだら、どのホーム画面に設置するかを選択します。設置したいホーム画面をタップすると、カレンダーウィジェットが設置されました。

設置

上の青いバーを長押しすると、上下左右に「○」が出てきて、カレンダーの長さ、幅を変えることができます。自分の使いやすいサイズにカスタマイズできるのは、うれしいですね。

月表示/スケジュール表示

さて、ひと目で月のスケジュールが分かるように、月間カレンダーをホーム画面に設置してみました。

設置月

カレンダーの大きさによって表示される予定の文字数が違ってきます。ひと目で用事がわかるようにしたい場合は、1つの画面を「カレンダーページ」として使ってしまった方が見やすいかもしれません。

月間カレンダーの大きさを変えたい場合も、青いバーを長押しすると「○」印が出るので、長さや幅を自分の好みに調節してください。

右上の「< >」は、月の移動をする際に使います。ホーム画面からアプリを起動せずに、そのまま別の月の予定も見られるので、すぐに他の月の予定を確認したい際にとても助かります。

予定の追加

では実際に、スケジュールを入力していきましょう。

ウィジェットをタップすると、Googleカレンダーが開きます。

左上の三本線のマークをタップすると、表示期間を「日」「3日間」「週」「月」から選べるので、決まった数日を見たいか、その月の全体を見たいかなど、用途によって使い分けてください。

日数

予定の追加は、右下の「+」からできます。

新規予定と予定

「予定」をタップして予定を入れます。ここでは試しに「映画」と入れてみましょう。その下の日時の設定をしたら、右上の「保存」をタップして入力完了です。

タイトル2

入力した予定が、週間のカレンダーに反映されているのがわかりますね。

予定の色分け

せっかく見やすいようにウィジェットを設置したのですから、予定ごとに色分けをして、さらにひと目でわかるようにしてみましょう。

予定に合わせて色分けをしておけば、色を見ただけである程度の予定が把握できます。

予定を入れる「タイトル」のページを下にスクロールすると、「既定の色」という部分があります。デフォルトでは「ピーコック」のライトブルーになっているので、特に指定をしなければ、入れた予定はすべてこの色で表示されます。

色変え

ですが「既定の色」をタップすると、色の種類が出てきます。11種類もありますから、「友達との予定」「家族との予定」「会社の予定」など、自分でルールを決めて使うのがいいですね。

それぞれ色を決めて入力すると、実際のカレンダーはこのようになります。

色例

予定の文字がすべて表示されなくても、色によって自分の予定がずい分わかりやすくなったのではないでしょうか。

ちなみに「祝日」と「誕生日」をカレンダーに表示させるかどうかは「表示日数」を選んだページの下の方のチェックボックスにチェックすることで選ぶことができます。

デフォルトで「祝日」は「バジル」、「誕生日」は「セージ」に近いグリーンで表示されます。「祝日」「誕生日」を表示するようにチェックを入れた方は、ご自身の予定では別の色を使った方がよさそうです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。