『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの「FaceTime」が実はおトク?料金や使い方を解説!

iPhoneの「FaceTime」が実はおトク?料金や使い方を解説!

【iPhone/iPad】「FaceTime」の使い方《発信編》

それではここからはiPhoneやiPadでのFaceTimeの使い方について紹介します。iPhoneの場合もiPadの場合も、主な使用方法は同じです。

音声通話(FaceTimeオーディオ)

FaceTimeでは相手との通話の仕方が2種類あります。そのうちの1つがFaceTimeオーディオと呼ばれている音声通話です。これは普通の電話と同じで、声だけで相手とやり取りを行います。顔を見せるのにはちょっと抵抗がある、という人や用件だけ伝えたいという人は、この音声通話で十分でしょう。

ビデオ通話

もう1つはビデオ通話で、こちらは映像と音声の両方が相手に送られます。なかなか会えない人とやり取りをしたい場合や、映像を通して見せたいものがある場合などには、こちらがおすすめです。声や文字だけだと相手の表情まで汲み取ることはできませんが、ビデオ通話であれば相手の表情が分かるので、より楽しくやり取りすることができるでしょう。

連絡先からの発信

ではいよいよ発信していきます。まずは連絡先からやり取りをする相手を選んで発信する方法からです。

FaceTimeアプリを開くと、右上に「+」ボタンが表示されています。

発信

これはメールで言う「新規メール作成」と同じで、新たにFaceTimeをする相手を選ぶ時に使います。

「+」ボタンを押して開くと「宛先」という項目が出てくるので、その隣にある「+」ボタンを押してスマホ本体の連絡先一覧を表示させて、その中からやり取りしたい相手を選びましょう。

発信

相手の名前の下に「ビデオ通話」というアイコンがあるので、それを押して宛先として追加できれば通話可能です。そこで追加できない相手はFaceTimeに対応していない相手ということになります。

発信

また、宛先に直接名前を入れて検索してもOK。検索結果ではFaceTimeできる相手が青色の文字で表示されているので、やり取りできる相手とできない相手が一目で分かります。

発信

履歴からの発信

すでにFaceTimeでやり取りしたことがある場合は、アプリを開くと出てくる履歴一覧に名前が載っているはずです。その中からかけたい相手を選びましょう。

発信

アプリから発信した相手は、通常の電話アプリの履歴にも共有されているので、電話アプリの履歴からでも発信することができます。

音声通話中にビデオ通話に切り替え

音声通話をしている途中であっても、通話を切らずにビデオに切り替えることも簡単です。音声通話中に出てくるアイコンの中から「FaceTime」を選択。

切り替え

そうすると、カメラが起動してビデオ通話になります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。