『かわいい』が生まれる場所。

iPhoneの「FaceTime」が実はおトク?料金や使い方を解説!

iPhoneの「FaceTime」が実はおトク?料金や使い方を解説!

【iPhone/iPad】「FaceTime」が持つ機能

FaceTimeには、より楽しく通話ができる機能が備わっています。

エフェクトでアニ文字が使える

iPhoneⅩからアニ文字が使えるようになりました。アニ文字とは、自分の表情に合わせた動きのスタンプのことです。

通話中にエフェクトボタンをタップし、スタンプアイコンを押して使いたいアニ文字を選びましょう。絵が自分の声で話しているように見えるので、通話も盛り上がることでしょう。

絵文字

Memoji(ミー文字)も使用可能に

アニ文字以外にもMemoji(ミー文字)も使えるようになりました。ミー文字とは顔のパーツを組み合わせて作るオリジナルスタンプで、自分の顔にそっくりのスタンプを作る人も多いようです。パーツの種類もかなり細かいので、自分の顔により近づけることができるでしょう。

使い方はアニ文字と同様です。ただし、ミー文字はオリジナルなので編集も削除も可能。髪型を変えた時はそれに合わせてミー文字を変えるなどして楽しんでみるのも良いでしょう。

通話中の相手を撮影できる

また、通話している相手を写真に撮ることが可能です。この機能を使う場合はスマホの設定アプリからあらかじめ設定しておくことが必要。

設定アプリを開いてFaceTimeに進んだら、下の方にある「FaceTime Live Photos」をONにします。

カメラ

そうするとFaceTime中の画面にカメラボタンが出てくるので、それを押せば写真を撮影することができます。

カメラ

【iPhone/iPad】「FaceTime」を使うときの注意点

最後にFaceTimeを使う上での注意点を押さえておきましょう。

発信/着信の両方で通信量を消費する

普通の電話であれば、電話をかけた方だけに通話料がかかるものです。FaceTimeは通話料こそかからないものの通信量を消費することになり、それは発信した人だけでなく着信した人も同様です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。