『かわいい』が生まれる場所。

【スマホ・PC】画面録画の簡単な方法&できないときの対処法も紹介

【スマホ・PC】画面録画の簡単な方法&できないときの対処法も紹介

Contents[OPEN]

【iPhone】うまく画面録画できないときの対処法

きちんと手順を踏んでも、なぜか画面を撮影できない……。そんな時も諦めず、落ち着いて次の対処法を試してみてください。

「コンテンツとプライバシーの制限」をオフにする

iPhoneに機能制限がかかっている状態だと、画面収録の機能を使えません。機能制限がかかっていないか、確認してみましょう。

iPhone 設定

まずは「設定」アプリを開き、「スクリーンタイム」を開きます。

iPhone 設定 スクリーンタイム

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ。

iPhone 設定 コンテンツとプライバシーの制限

「コンテンツ制限」を選択してください。

iPhone 設定 コンテンツ制限

下の方にスクロールしていくと、「画面収録」の項目があります。表示が「許可しない」だと、画面収録を使えません。

iPhone 設定 画面収録

ここをタップして、「許可」を選択。これで機能制限がオフになりました。

マナーモードを解除する

撮影した動画を確認してみたら、BGMや効果音が入っていない……なんて時は、iPhoneがマナーモードになっていないかを確認してください。先ほどご説明した通り、iPhoneがマナーモードだと、BGMや効果音が録画に入りません。

本体の横にある「着信/サイレントスイッチ」を確認して、オレンジの線が見えているなら、マナーモードになっています。内部音声を録画に入れたい時は、マナーモードを切っておきましょう。

【iPhone】Macにケーブル接続して録画する

ここまでご説明した通り、iPhone一台でも画面の録画が可能ですが、Macをお持ちの方はiPhoneとMacを繋げることでも画面を録画できます。

「QuickTime Player」で録画する方法

用いるのは、「QuickTime Player」というソフト。Macにデフォルトでインストールされており、誰でも使えます。まずはUSBケーブルで、iPhoneとMacを接続しましょう。

QuickTime Player メニューバー

QuickTime Playerを起動したら、メニューバーから「ファイル」を選択。

QuickTime Player ファイル

「新規ムービー収録」をクリックしてください。

QuickTime Player 収録画面

すると、ムービー収録の画面が開きます。このままだとMac内蔵のカメラで撮影した映像が映るため、録画ボタンの右側にある「∨」マークをクリック。

QuickTime Player 設定

「iPhone」を選択しましょう。

QuickTime Player iPhone 録画開始

このように、iPhoneの画面がMacの画面に映し出されます。中央の録画ボタンを押すと、画面の録画が始まりますよ。

QuickTime Player iPhone 録画終了

録画を終えたい時は、もう一度録画ボタンを押せばOKです。

Macを使って録画するメリット

iPhoneの画面を録画するのにMacを使う利点は、なんといっても操作が簡単なこと。iPhoneの画面収録機能を使うためには、マイクのオンオフなどいくつか設定が必要ですが、QuickTime PlayerならケーブルでiPhoneとMacを繋ぐだけ。

またMacを使えば、より長時間安定して画面を録画できます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。