『かわいい』が生まれる場所。

「iPhoneを探す」とは?完全徹底解説!機能オフでも探せる!?

「iPhoneを探す」とは?完全徹底解説!機能オフでも探せる!?

「iPhoneを探す」の使い方《PC》

「iPhoneを探す」はiPhoneから使えるのはもちろん、実はパソコンでも使うことができます。

そのため、自宅にパソコンさえあれば、iPhoneを紛失してしまってもパソコンで居場所を特定できますよ。

では、パソコンで「iPhoneを探す」を使う時の操作手順をご紹介していきますね。

サインイン

パソコンから「iPhoneを探す」の機能を使う場合は、まずパソコンでブラウザを開いて、iCloudの公式サイト(https://www.icloud.com/)にアクセスします。

そしたら、紛失したiPhoneのApple IDとパスワードを入力して、iCloudにサインインしましょう。

サインインした後は、「iPhoneを探す」のアイコンをクリックして起動して下さい。

「iPhoneを探す」にサインインしたら、すべてのデバイスの中から紛失したiPhoneを選択します。

そうすれば、地図上に紛失したiPhoneの現在地を確認できますよ。

もし、紛失したiPhoneの電源が切れている場合やインターネットの接続が切断されている場合は、最後に電源が入っていた場所、最後にオンラインになっていた場所が表示されます。

紛失モード

紛失モードをオンに設定したい場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

紛失モードをオンに設定する手順

  1. iCloudにサインインして、「iPhoneを探す」を起動する
  2. 画面上部の「すべてのデバイス」をクリックする
  3. 表示されたデバイスの中から、紛失したiPhoneをクリックする
  4. 「紛失モード」をタップすれば、紛失モードがオンになる

サウンドを再生

紛失したiPhoneでサウンドを再生したい場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

サウンドを再生する手順

  1. iCloudにサインインして、「iPhoneを探す」を起動する
  2. 画面上部の「すべてのデバイス」をクリックする
  3. 表示されたデバイスの中から、紛失したiPhoneをクリックする
  4. 「サウンド再生」をクリックすると、紛失したiPhoneから大音量のアラートが鳴る

iPhoneを消去

iPhoneのデータを消去したい場合は、以下の手順で操作を行って下さい。

iPhoneを消去する手順

  1. iCloudにサインインして、「iPhoneを探す」を起動する
  2. 画面上部の「すべてのデバイス」をクリックする
  3. 表示されたデバイスの中から、紛失したiPhoneをクリックする
  4. 「iPhoneを消去」をタップする
  5. 「このiPhoneを消去しますか?」という警告画面が表示された後、「消去」をタップすればiPhoneのデータが全て削除される

「iPhoneを探す」をオフにする方法

iPhoneを紛失した際に便利な「iPhoneを探す」ですが、iPhoneを売却・修理したりする時など、この機能をオフに切り替えなくてはならない時もあります。

「iPhoneを探す」をオフにするには、以下の手順で操作を行って下さい。

「iPhoneを探す」をオフにする手順

  1. 「設定」アプリを開いたら、自分のユーザー名をタップする
  2. 「iCloud」を選択する
  3. 「iPhoneを探す」を選択する
  4. 「iPhoneを探す」の右横にあるトグルスイッチをタップして灰色になったら、「iPhoneを探す」の設定がオフに切り替わる

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。