『かわいい』が生まれる場所。

「iPhoneを探す」とは?完全徹底解説!機能オフでも探せる!?

「iPhoneを探す」とは?完全徹底解説!機能オフでも探せる!?

「iPhoneを探す」がオフのまま紛失してしまった!

「iPhoneを探す」の機能を使って紛失したiPhoneの居場所を特定するためには、「iPhoneを探す」をオンに設定しておく必要があります。

なので、「iPhoneを探す」がオフのまま紛失してしまった場合、残念ながら「iPhoneを探す」の機能を使ってiPhoneの居場所を特定することはできません。

では、そのような場面に直面した時、iPhone紛失後にどのように対処していけば良いのか解説していきます。

iCloudのパスワードを変更する

iPhoneを紛失してしまうと、それを拾った第三者がiCloudのデータにアクセスしてしまう恐れがあります。

そのため、iPhoneを紛失してしまった場合は、家族や友人のスマホを借りるか、パソコンやタブレットを使って、iCloudの公式サイト(https://www.icloud.com/)にアクセスして、iCloudのパスワードを変更する手続きを行いましょう。

こうすることで、紛失したiPhoneを拾った第三者はiCloudのデータにアクセスできなくなりますし、Apple IDを使用するサービスが不正利用されてしまうのを防ぐことができます。

iCloudのパスワードを変更する際には、以下の手順で操作を行って下さい。

iCloudのパスワードを変更する手順

  1. Appleアカウントの管理ページ(https://appleid.apple.com/)にアクセスしたら、紛失したiPhoneのApple IDとパスワードを入力してサインインする
  2. Appleアカウントにサインインしたら、「セキュリティ」をタップする
  3. 「パスワードを変更」をタップする
  4. 現在のパスワードと新しいパスワードを入力して、「変更」をタップする

また、TwitterやInstagramなどログインが必要なサービスを利用している場合は、iCloudだけではなく他のサービスのパスワードも全て変更しておきましょう。

キャリア独自のサービスを利用する

キャリアがauであれば「位置検索サポート」を利用するauの位置検索サポート

契約しているキャリアによっては、キャリア独自のサービスを使ってiPhoneを探せる場合があります。

大手三社のスマホ探索サービスを記載しておくので、もし「iPhoneを探す」をオンにしていなかった場合は参考にしてみてください。

ただし、これらのサービスも事前に登録が必要だったりするので、不安な方は一度プランを確認することをおすすめします。

携帯電話会社に連絡する

「docomo」「au」「SoftBank」のどの携帯電話会社でも、端末を紛失時専用のお問い合わせ窓口が用意されています。

紛失したiPhoneを誰かに拾われてしまうと、その人に不正利用されてしまう可能性もあるため、早めに携帯電話会社に連絡して回線の利用を停止してもらって下さい。

紛失時専用の連絡先

  • docomo:0120-524-360 ※年中無休/24時間受付
  • au:0077-7-113、0120-925-314 ※年中無休/24時間受付
  • SoftBank:113(ソフトバンク携帯電話から)0800-919-0113(一般電話から)※年中無休/24時間受付

警察に遺失届を提出する

iPhoneを紛失してしまった時は、警察への遺失届の提出も忘れずに行って下さい。

遺失届は警察署や交番ならどこでもOKで、紛失した場所の近くの警察署や交番でなくても提出できます。

遺失届の書き方は警察官の方が教えてくれるので安心して下さい。

なお遺失届を提出する際は、紛失したiPhoneのシリアル番号を記入すると見つかる可能性が高まります。

シリアル番号はiPhoneひとつひとつに振り分けられたユニークな番号なので、iPhoneを転売されても足が付きやすいですよ。

iPhoneのシリアル番号は購入時の箱に記載されていますが、その箱を捨ててしまった場合は以下の手順でシリアル番号を確認して下さい。

iPhoneのシリアル番号を調べる方法

  1. 家族や友人のiPhoneを借りて、「設定」アプリを開く
  2. 自分のApple IDとパスワードでサインインし直す
  3. 設定画面の一番上に表示されている自分のユーザー名をタップする
  4. 紛失したiPhone名をタップして、デバイス情報を開く
  5. すると、紛失したiPhoneのシリアル番号が表示される

「iPhoneの探す」の使い方を理解して、iPhoneの紛失・盗難に備えておこう!

以上が「iPhoneを探す」の使い方の説明でした!

「iPhoneを探す」をオンに設定しておけば、iPhoneをどこかで失くしたり、盗まれてしまった時に、別のiPhoneやパソコンを使って居場所を特定することができます。

iPhoneにはLINEやメールのやり取り、写真や動画、家族や友人の連絡先など、大切な個人情報がたくさん詰まっているため、iPhoneを紛失してしまうと第三者に個人情報を悪用されてしまう恐れがあります。

そんな状況を防ぐためにも、「iPhoneを探す」の機能や使い方を理解しておき、紛失や盗難にしっかりと備えておきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。